HOME > イベント一覧

SSKセミナー

結果にコミット!
いまいる職員が団結して病院をより良くする!
全員参加の総力経営を6ヶ月で実現する方程式
・・・1日5分のコミュニケーション・モデル『HIT-Bit』・・・ 


このような現場に最適です。
「離職を減らして、莫大な採用コストを削減したい」
「職員が決められたことしかしないため、連携が充分できていない
「働き方改革で残業を減らしたが、業務の質が落ち始めている
継承したので、古参・ベテランを含めて全職員をうまくまとめたい」
新病院への移転を控え、一層、全職員を一枚岩にしたい」
 
[講義内容]
■組織を活性化するマネジメントの鉄則

  1. 教育するほど、現場のモチベーションは下がる
  2. 研修で学ばせたことは、必ず数化する
  3. 「お金じゃない」「理屈じゃない」モチベーションを引き出せ!
  4. 効果測定なき施策に効果なし!必ず定量評価せよ!

 

 現在、日総研セミナーでの講演の予定はございません。なお、同内容のオープンセミナー「HIT-Bit1Dayセミナー」を開催中です。

 
 

日総研セミナー

医療現場の接遇セミナー


 患者さんが、涙を流して喜んだり、手を握って感謝する場面が、ありますか?もし無ければ、それは、「心に寄り添う」ことができていないからです。
 「心に寄り添う」とは何か、具体的にはどうすることか、がわかれば、ドラマチックな場面が次々と生まれるようになります。
 医療界のディズニーやリッツカールトンになる方法は、シンプルです。
 ぜひ、患者さんの心に響く接遇を実践して、職員も心が踊る病院を実現することをお勧めします。

 現在、日総研セミナーでの講演の予定はございません。なお、同内容のオープンセミナー「HIT-Bit1Dayセミナー」を開催中です。

 
 

「伝説の病院」になる!
究極の医療接遇 オープン・セミナー

医療界のディズニー、リッツカールトンになる


 これまで、接遇研修を何度開いてきたでしょうか?
 接遇とは、患者さんと良い関係性を創ることにほかなりません。そして、良い関係性が築かれれば、必ず患者さんから感謝の言葉や喜びの声が届き、職員にとってこの上ない励みとなっているはずです。
 もし、職員が「接遇とはやればやるほど元気がもらえるもの」と感じていないとすれば、その接遇は、患者さんの心に届いておらず、良い関係性が築かれていないということを意味しています。
 本当に患者さんの心に響き、職員が「もっと患者さんに向き合いたい」と思える接遇へと、1日も早く方向を切り替えてください。
 切り替えるだけで、間もなく、接遇によってドラマチックな場面が生まれる病院へと変わります。医療界のディズニーやリッツカールトンになる方法は、実にシンプルです。

 現在、日程調整中です。もし日程が決まった際には、ここに掲載し、メールマガジンで告知いたします。なお、「HIT-Bit1Dayセミナー」を開催中です。