■社内SNSシステムの広告。

 

「これで、職員のコミュニケーションが円滑に!」

「たちまち連携がスムーズに!」

「職員の離職が激減します!」

 

これは、社内SNSに限ったことではなく、

総合イントラネットも、

e-ラーニングシステムも、

「これらのコミュニケーションで、職場の悩みがすべて消える!」

と言わんばかりのコピーで宣伝されています。

 

■しかし、コミュニケーションで重要なのは、

メッセージを伝えるパイプではなく、

どんなメッセージを交わすか?ということ。

 

システムが優れたものであっても、

そのシステムを通じて交わされるメッセージが、

相手に不快感や疑念をもたらすものだったら、

メッセージが交わされるほど、職員間の関係性は悪化するだけです。

 

そもそも、日々のデータを

職員がありのままに入力しなければ、

コミュニケーションも生まれないのです。

 

■つまり、システムそのものよりも

そのシステムを使う職員のマインドを整えることの方が

コミュニケーションを良くして良い組織を創るためには、

はるかに重要だということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。