■よく、教育研修ご担当者から、

「どうしたら、効果が持続するのか?」

「どうしたら、研修で学んだことが現場で活用されるのか?」

といった悩みを聞くことがあります。

 

わたしたちが何かを学びにゆくときは、

「学んだことを、こうやって活かしたい」

というOUT-Putの明確なイメージをもっているからこそ、

IN-Putしにゆくのではないでしょうか?

 

そして、だからこそ、学んだことを吸収できるのではないでしょうか。

 

つまり、教育研修を提供するときには、

受講者にとって

「IN-Putの時間」

になってはならず、

「OUT-Putを楽しみにする時間」

になっていれば効果が最大となる、ということです。

 

■したがって、

教育研修を行なう前に、

「その研修がいかに必要か」

「その学びを受けると、いかに現場で得るものが大きいか?」

を明確にイメージを持てるようにすることがポイントとなります。

 

これが刺さっていれば、

職員が、みずから受講を希望することでしょう。

 

深く刺さっていれば、

お金を出してでも受講したいと志願するでしょう。

 

そのとき、希望者だけに受講を許可すれば、

これ以上、効果的な教育研修はないはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。