■多くの現場では、

「伝達や申し送りは必要に応じて行われている」

とされています。

 

しかし、だからと言って、

「コミュニケーションが充分か?」

というと、大抵の場合、

「コミュニケーション不足」

という声が返ってきます。

 

つまり、組織が円滑に運営されるために現場で重要なのは、

「伝達や申し送り以外のコミュニケーション」

だということです。

 

■実際、何気ないやりとりの中で、

意外な他部署の事情や、

他職種の職員の思いなどがわかり、

その後の協力関係がよくなるということが多々あります。

 

昔は、こうした、

緊急性も特定の目的もないコミュニケーションが、

喫煙所で行われて、

部署をおこえた情報共有が

愛煙家の人たちの間でだけはできていた

ということもあるでしょう。

 

■しかし、今は、

必要性・緊急性のないやりとりや

会議、ミーティングができるだけ無くす方向にあります。

 

働き方改革の影響もあって、

「そんな時間があったら早く業務を済ませて早く帰りましょう」

という機運になっています。

 

これでは、いつまでも、

現場で必要なコミュニケーションが生まれることはありません。

 

■そこで、

組織の協力が円滑になるためのコミュニケーションを

組織的に行うための方法を設計したのが、

患者サービス研究所が推奨する

「HIT-Bit」

です。

 

HIT-Bitについて、具体的に、詳しくお伝えする

1Dayセミナーを開催しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。