■「指示・命令をしなくても

職員がみずから気づき、考え、行動する」

そんな

「自律進化組織」

になれば、こんなに柔軟で強い組織はありません。

 

敷かれたレールの上を走りつつも、

「そのレールだけが正解ではない」

「もっと良い方法はないか」

「もっとできることがあるはず」

と、広い視野と、高いアンテナを備えた組織だからです。

 

■そこで、組織を運営するに当たっては、

「自律進化してほしい」

というからには、

「自律進化できているかどうか?」

を測定することが不可欠となります。

 

組織上層部が、

「自律進化せよ」

というにも関わらず、

「自律進化できていてもいなくても関知しない」

という態度であれば、

現場は、まもなく実践しなくなってしまうからです。

 

■では、どのようにすれば、

「自律進化できているかどうか」

を測定することができるでしょうか?

 

前もって

「ああしろ、こうしろ」

と指示したことであれば、

「できているかどうか」

を測定することは簡単です。

 

一方、

前もって指示・命令していないことについて

「できているかどうか」

を測定することはできないと、考えられがちです。

 

■しかし、測定することは可能です。

 

したがって、

「昨年よりさらに10%多く、自律進化しよう」

といった目標を設定することさえも可能です。

 

患者サービス研究所の推奨している

「HIT-Bit」

を前提とすると、さらに精度が向上します。

 

■自律進化度を測定するための

具体的な方法は、

また別の機会にご紹介します。

 

実にシンプルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。