■多くの場合、

病院の接遇委員会は、真面目にやろうとすればするほど、

「どうしたら良いのか?」

と悩むことになっています。

 

というのも、

上層部からは、

「組織全体の意識を高めてほしい」

と望まれており、

 

各現場で、接遇が定着するためには、

各部署の責任者が、

高い意識を持っていくれていなければなりません。

 

ところが、接遇委員は役職者ではないことが多いので、

各部署の役職者を動かすことはできません。

 

ともすれば、その役職者が

「忙しいのだから、そこまでやれない」

「そこまで必要なのか?」

と、消極的であることも多々あるくらいです。

 

■こうなると、

接遇委員は、必然的に、

動いてくれない現場と

結果を求めてくる上層部との

板挟みにされてしまうのです。

 

■したがって、接遇を向上しようとするならば、

かならず、

上層部は、各部署の役職者に対して、

「接遇向上は、組織としての取組なので、

率先して推進するように」

と明確に意思表示することが必要なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。