■「指示・命令をしなくても、

現場職員がみずから気づき考え行動する」組織を、

「自律進化組織」

と言います。

部下職員は、みずから行動するので、

納得感とやりがいを感じることができるので、

モチベーションが上がります。

 

上層部は、現場からさまざまな取り組みが始まり、

職員がどのような想いで働いているのかが

手に取るようにわかるので、

上層部自身は、

大所高所からの視点で、経営戦力に注力できます。

 

自律進化組織になって、最も楽になるのは、

中間管理職です。

 

■ところが、

自律進化組織を創るための方法を説明すると、

時々、

管理者の方々から

「それは中間管理職に負担がかかる・・・」

とためらいの言葉が聞かれることがあります。

 

しかし、

いつまでも自律進化組織にならなければ、

中間管理職はいつまでも負担を追い続けることになるのです。

 

たしかに、変わることには

一時的な負担がつきものです。

 

しかし、変わらなければ、

今ある負担が永遠に無くなることはないのです。

 

上層部が変わるための決断をできなければ、

組織が良くなることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。