image

■ときどき、

「管理職にコーチングを学ばせたい」

という要望があり、その理由をお聞きすると、

「管理職が部下との信頼関係を築けるようにしたいから」

と言われます。

 

これは正しくありません。

 

なぜなら、

「コーチングは信頼関係があれば効果が高まります」

ので、

「信頼関係がないところではコーチングの効果が上がらない」

からです。

 

■コーチングは、

「本人の中に答えがある」

という考え方です。

 

本人の口から、

課題を引き出し、

対策を引き出して、

実践を促すのがコーチングです。

 

なので、

本人がコーチを信頼していなければ、

本当の考えや思いを口にできないのです。

 

■したがって、コーチングを活用したいのであれば、

コーチングを実施する以前に、

日頃から信頼関係を築いておくことが必要となります。

 

また、信頼関係が築けてれば、

コーチングを知らなくても大きな問題はありません。

 

 

■なお、ここでの信頼関係とは、

「どんなことでも話せる関係」

ととらえていただけると良いでしょう。

 

また、そんな信頼関係を築くには、

そのためのコミュニケーション・モデルが必要です。

 

一時的な研修や、親睦会や、教育によって

信頼関係を築くことはできないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。