■「数値目標を与えると、職員は、それ以外のことをしなくなる」

と言われます。

 

確かに、数値目標を与えられれば、

「その数値目標をクリアすれば良い」

と考えて、

その目標を達成することに集中してしまうからです。

 

その結果、職員の視野が狭くなり、

それ以外のことはしなくなる、ということになりがちでしょう。

 

■ただし、

「担当業務のことにも関心を持ち、気づき、考え行動すること」

について数値目標を与えれば、

職員は、

視野を広げ、担当業務以外のことにも取り組むようになります。

 

■とはいうものの、

「担当業務のことにも関心を持ち、気づき、考え行動すること」

について数値目標を与えることができるのか?

が、問題となるでしょう。

 

言い換えれば、

「具体的な指示命令をしていないことを、どれだけやっているか」

は、どうすれば測定できるのか?

 

それが測定できれば、

職員の視野を広げ、

指示命令されていないことをどんどん実践してゆく組織を

組織的に創ることが可能となるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。