■日大の対応を見ていて、改めて、学ぶことがありましたので、

備忘のために書いておきます。

 

大企業、自治体上層部、大学などは、

昭和の時代には誰にも反抗できなかった大きな存在でした。

 

その感覚が抜けないため、

いまの平成の時代になってもなお、

クレームがあっても

「最後は門前払いしておけば良い」

という感覚のままの人がいます。

 

特に責任や地位のある人ほど、

旧来の感覚を切り替えられずにいます。

 

■確かに、昭和の時代は、

個人が発信することは困難でした。

 

駅前でチラシを配るくらいしか、

世間に訴える方法がなかったのです。

 

なので、大企業や自治体上層部や大学関係者は、

クレームがあっても、

門前払いにして、

追い払ったり、握りつぶしたりすることができたのです。

 

■しかし、平成のこんにち、

個人も、インターネットを通じて、手軽に発信できる時代になりました。

 

ここ数年で、音声や動画を収録することも、

格段に容易になりましたから、

いつのどの態度や言動が収録され、

インターネット上にアップされて、

世間からの社会的責任を問われることになるか、わかりません。

 

たとえ、大企業、自治体上層部、大学関係者でも、

追い払ったり握りつぶして済ますことができません。

 

そのプロセスまでもが記録され、

世間に暴露され、

社会から裁かれることが、容易に起こるのです。

 

■相手が弱者だと思って、ずさんな対応をすると、

そのプロセスが

社会からの非難を浴びる原因になることもある、

ということを踏まえておかなければなりません。

 

■日大のアメフト前監督・内田正人氏も、

広報担当者の米倉久邦氏も

昭和の時代の感覚を切り替えられずにいる典型例です。

 

裏でも表でも、誠実な対応をすることが大切な時代になったということです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。