■しばしば、

「研修は、研修会社が儲かるように設計されている」

と感じさせられることがあります。

 

実際、

「学んだことが現場で活かされる方法が講じられていない」

ことが多々あるからです。

 

研修会社の研修は、

プロによってつくられたものであり、

本当に効果が上がる、

素晴らしいコンテンツだと思ってはいないでしょうか?

 

■たとえば、

「チームワークを強化できる研修」

は、こんな風に作られます、

 

・ほどほどに不便なルール。

・誰も経験したことがなさそうな作業

・勝ち負けがわかりやすいこと

 

■たとえば、

「タワーづくり競争」

3〜8人くらいのグループ分けをして、

ストロー7本で、最も高いタワーを作ることを競うゲームです。

 

ストロー7本のほか、ホチキス、セロテープ、クリップ、

輪ゴム。カッター、糊など、

利用できるものも配られれば、

実は使いようがないジョーカーも配られます。

 

■たとえば、

「ヒコーキ飛ばし競争」

やはり3〜8人くらいのグループ分けをして、

最も遠くまで飛ぶ紙ヒコーキを作ることを競うゲームです。

 

A3用紙のほか、

やはり、ホチキスやクリップなど、

どこのオフィスにでもあるようなものを配るようにすれば、

費用がかかりません。

 

■このように準備して、

あとは10分でも、30分でも放っておけば、

受講者の方々は、童心に帰って、

ワイワイガヤガヤと、

いつまでも楽しんで作業していてくれます。

 

■研修なので、

先にチーム名を決めさせたり、

タイムキーパーを決めさせたり、

講師への相談をできる人を一人に限定したり。

 

また、たとえば、

喋ってはならず、すべて身振り手振りだけで

意思疎通しなければならない、といった

制約を設けておくと、

必要に迫られたなりの工夫や努力が生まれます。

 

最後に、成績発表をして、

優秀グループには、表彰をします。

 

そして、各グループから、

「うまくいった秘訣」

「反省点」

を発表してもらい、

それをまとめて、

「日頃のチームワークも、

同じように工夫すると、うまくいきますよ」

と総評します。

 

研修は、こんな風に作られています。

 

■しかし、本当に大事なのは、

ここで体験したことを

いかに現場で活かされるようにするか、

ということです。

 

学んだことを現場で活用する方法が設計されていなければ、

その研修は、

「楽しかった」

「面白かった」

だけの、やりっ放しとなり、

費用と時間と労力が無駄になってしまうのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。