■いつも思っていることですが、

今回も、実証されました。

 

人間には、

「密室になると強者が弱者を蹂躙する」

という心理構造がある、ということです。

 

立場や腕力が強い者は、

密室になると、

恣意的に弱者をおとしめる、ということです。

 

いじめ、DV、セクハラ、パワハラ、体罰などの

いずれのケースにも言えることです。

 

今回の日本大学の件も、

時系列をさかのぼって見れば、

強権が密室を作らないように、

「どこかの時点で誰かが止めることができたはず」

です。

 

自分にも理があると思うと暴走してしまう傾向は、

昨今の、モンスター・クレーマーにも通じます。

 

■では、どうすれば良いか?

 

ポイントは、密室を作らないようにすること、

であると考えられます。

 

すなわち、できる限り、

いつでも公開される可能性がある環境を作る

ということではないでしょうか。

 

たとえば、部活動の場に、

他の教員、保護者、その他の第三者が、

いつでも入って行ける仕組みにすれば、

部活動の体罰はかなり防げるはずです。

 

こうした施策を講じることが、

今回のようなことを防ぐための一つのカギであると思います。

 

■今後、謝罪や、ルールを作るなどの改善策が

行われるかもしれません。

 

しかし、人材活用・組織開発など、

人や組織が変わるためには、

なにごとも、まず、

「心理構造」

を踏まえておかなければ、

対症療法に終わってしまうことと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。