■モチベーション、

リーダーシップ、

コミュニケーション、

ホスピタリティなどを向上すると入った

いわゆる

「マインド系研修」

を実施するにあたり、

 

本当に責任あるコンサルタントを選ばれることを

お勧めします。

 

というのも、

講義にとって都合よいように、

根拠がないことも持ち出して、

教えるという講師がたくさんいるからです。

 

■たとえば、モチベーション研修で、よく登場するのが

「マズローの5段階欲求」

です。

人間の欲求には

⑴自己実現の欲求

⑵承認の欲求

⑶愛と所属の欲求

⑷安心の欲求

⑸安全の欲求

・・・の5階層があり、

 

⑸の欲求が満たされれば⑷の欲求が現れ、

⑷の欲求が満たされれば⑶の欲求が現れ、

・・・下位の欲求が満たされれば上位の幸福を求め、

徐々により幸福になってゆけるのだと

説明されています。

 

しかし、現実はどうでしょうか?

 

いまの日本では、食べることに事欠く場面はほぼなく、

⑷の安心の欲求はいたされることがほぼ保証されています。

 

しかし、そんな人でも、

⑶の愛と所属の欲求が満たされなければ、

孤独の苦しみに耐えかねて自殺すらしてしまうことがあります。

 

つまり、人間の欲求は

マズローが説くような、

5階層の安定的なものではないということです。

 

■また、接遇研修でよく引き合いに出されるのが、

「メラビアンの法則」

です。

 

人は、相手の印象を形成するにあたり、

何によって、影響を受けるか?

 

メラビアンによれば、

表情や態度などの視覚情報による影響が55%

声やトーンなどの聴覚情報による影響が38%

対話の内容といった言語情報による影響が7%

・・・だと言います。

 

しかし、どんな実験をすればそんな数値を導き出せるのでしょうか?

 

たとえば、

「定食を選ぶとき、

前菜、メイン、デザートのどれで決めますか?」

と言われて、答えられる人はいません。

 

「前菜が何で、メインが何で、デザートが何か、

内容が分からなければ、決められない」

のではないでしょうか。

 

そして、

「メインが肉なら、他はなんでもOK」

「前菜がきのこなら、他の内容を見るまでもなくダメ」

ということもあるでしょう。

 

つまり、55%、38%、7%などの証明はできないということです。

 

■マズローの5段階欲求を教える目の前の講師が、

「愛と所属の欲求が満たされても、

自殺するひとがいるのはなぜか?」

と聞かれて、答えられるでしょうか?

 

また、

メラビアンの法則を教える目の前の講師が、

「メラビアンはどんな実験をして、

その数値を証明したのか?」

と聞かれて、答えられるでしょうか?

 

その根拠が説明できないにもかかわらず、

自分にとって都合のよい論理を持ち出す研修講師は、

自分で消化できていないことを

受け売りしているということでしょう。

 

■情報を断片的に繋ぎ合わせた講義を聞いて、

軸足のゆるがない組織づくりができることはありません。

 

組織づくりとは、

組織の哲学でもあります。

 

明確なゴール像を指し示すことができなければ、

組織を同じ方向に向かせることなどできないことは、

改めて申し上げるまでもないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。