■どこかに

「正しいリーダーシップ」

なるものがあるかのように教える研修があります。

 

コンサルタントとしては、

自分の教科書をもとに、その内容を教えれば済むので、

なんと楽な研修になるでしょうか。

 

■しかし、

その組織のリーダーに、何を望むのか?は、

その組織によって異なります。

 

さらに遡れば、

まず、経営者・上層部が

「どんな組織になりたいのか?」

を明確にし、そこから、

「そのために、リーダーに、どのような言動を求めるのか?」

が決まり、その結果、

「それをしっかりと伝える研修を設計する」

ということになるのです。

 

そうした前段階を考えずに、

世間で行われている一般的な

「リーダーシップ研修」

をそのまま、現場に持ち込んでいては、

まったく、思うような組織が創られません。

 

そればかりか、

日々のトップが示す方向性と、

リーダーの言動とが異なるために、

つねに現場に混乱が生じるということになってしまうのです。

 

■しかし、コンサルタントは

そこまで考えていません。

 

頼まれたリーダーシップを教えるだけで、

その後の現場がどうなろうがお構いなしなのです。

 

■ちなみに、

「そうはいっても、すべての職場に共通する

良いリーダー像があるのではないか」

と思う人もいるかもしれません。

 

もちろん、どの組織でも

部下からの信頼の厚いリーダーが望まれるでしょう。

 

その結果、リーダーシップ研修では、

・部下の気持ちを把握するリーダー

・上司から一目置かれるリーダー

・だれからも好かれるリーダー

・部下もより圧倒的な結果を出せるリーダー

・話しやすく相談しやすいリーダー

・的確に業務を配分できるリーダー

・ここという時に励ましてくれるリーダー

……などのリーダー像が挙げられることになります。

 

その場にいる参加者が

「それができたら苦労しない。

そうなるための方法が知りたいのだ。

それに、教えているコンサルタント自身が

そんな人徳を備えられているのか?」

と思いながら受講しています。

 

■リーダーシップ研修を行うならば、

その組織の経営者・上層部の価値観から導き出された

リーダー像を明確にすることから

始めなければならないのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。