■研修のお問合せを聞くと、ご担当者が

「予算は、○○円と決まっているのです。

東京からお越しいただくことになりすみませんが、

交通費も含めての予算です」

と言うことがあります。

 

このようなケースに遭うたび、

申し訳なさそうにおっしゃるその口調が

気の毒に感じられます。

 

というほど、時々あるのです、

こういうパターンが。

 

■なぜこうなるのか?

といえば、

研修を行う必要性が認められないから、

予算が下りないということでしょう。

 

そして、予算が下りないから、

意味のある研修が行えない、という

悪循環なのです。

 

しかし、

いつまでも、安かろう悪かろうの研修を

繰り返していては、

組織のマインドの質が下がってゆく一方です。

 

そうならないためには、

早く、

安かろう悪かろうの研修を脱し、

質が高く、相応の予算を割かれる研修へと、

切り替えなければなりません。

 

■そのためには、

研修担当者の方々は、

ぜひ、

「その研修がいかに必要なのか?」

組織上層部の理解をとりつけていただきたく思います。

 

というのも、

その取り組みなしに、

ただただ安かろう悪かろうを続けていては、

職員のモチベーションが下がり、

研修不信が広がる結果、

本当に伝えなければならないことが伝わらない組織へと

現場が劣化するばかりで、

何のために研修を担当しているのかわからないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。