■しばしば、

「これで離職問題を解決!」

「若手職員のモチベーションがアップ!」

などのコピーが目に留まり、

よく見てみると、

勤怠管理システムや

社内メール・掲示板システムなどの広告だったということがあります。

 

たしかに、

職員間のコミュニケーションを密にしたい」

「部署間の連携を密にしたい」

と、多くの組織が考えています。

 

しかし、システムを導入したところで、

風通しの良い組織になったり、

現場が活性化したり、

職員が幸せになることはありません。

 

■そもそも、

職場が活性化するためには、

職員が互いの想いを知り、尊重し、応援し合うカルチャーが不可欠です。

 

しかし、

どんなに高価なシステムが導入されても、

そこに職員が自分の本当の想いを入力することがなければ、

伝わることもないのです。

 

また、入力しても、

それが意味のある情報でなければ、

職員が互いを尊重し、応援し合うカルチャーが築かれることはありません。

 

■改めて言うまでもありませんが、

システムは、器でしかありません。

 

そこに、相手の心にアプローチするような料理が乗ってこそ、

初めて、その器は、相手に良いメッセージを伝えることができるのです。

 

■システムとなれば、

何十万円、何百万円と、たいへんな費用がかかります。

 

高価な器は買ったけれど・・・、

という無用の長物にならないためにも、

まずさきに、

「職員が互いにどんなコミュニケーションをする組織になって欲しいのか?」

を明確にしたうえで、

そのコミュニケーション・モデルを創ることが重要です。

 

それは、決して、

「入力→情報共有→協力関係になる」

という単純なものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。