■介護施設のイベントでは、

みんなで童謡を歌うことがあり、

しばしば涙を浮かべている方があります。

 

なぜ、最近の流行りの歌ではないのか?

 

なぜ、最近の流行りの歌では、涙を流さないのでしょうか?

 

人間の心理構造から考えると見えてきます。

 

■まず一つ目の心理構造について。

 

人間の最も根源的な欲求は、

「承認欲求」

だと言われます。

 

言い換えれば、

「無条件に理解され応援されたい欲求」

です。

この欲求は、

生まれた瞬間からあり、

たとえ認知症や統合失調症になろうとも、

人生の最後の瞬間まで続くものです。

また、承認されていることが感じられない時、

行きて行くことすら困難になる

心の生命線とも言えるでしょう。

したがって、

最も根源的な欲求だと言えるのではないでしょうか。

 

■次に、二つ目の心理構造について。

 

人間は、希望が持てる時は、将来ばかりを考え、

希望が持てなければ、過去の良かった時を考える、

という性質です。

 

希望がが叶うと思える時は、

叶った時のことを考えることで

心が明るくなり、

希望が持てない時は、将来を考えることが

心を苦しくしてしまうので、

おのずと

過去の良かった時のことを思い浮かべることになるからです。

 

■そこで、介護施設の方々についてですが、

高齢者となれば、

他者から承認されるということがほとんどなくなり、

また今後、承認してくれる人が自分の人生に現れるという

希望を持つことも難しくなって来ます。

 

すると、おのずと、

過去に、

無条件に愛され、守られ、理解され、応援された頃を

思い浮かべることになるでしょう。

 

しかも、最も承認された頃、

つまり、物心がついたかつかないかという時期、

両親から溢れるほどの愛情を注がれ、

何の不安もなく過ごすことができた幼い時期を

追体験しようとすることは、

心理構造から考えても、

ごく自然なことかもしれません。

 

■つまり、介護施設で童謡を歌っている時、

高齢者の方々は、

それぞれに、

幼い頃の、

童謡を歌いながら抱きしめてくれている懐かしい両親の

腕の中に帰り、

溢れる愛情を注いでくれる両親との時間を過ごしているのでは

ないでしょうか。

 

したがって、

介護施設のみなさんが、

イベントで、

童謡を歌うことを催しに組み込む意味は、

実は、

もう会えないはずの最も大切なご両親に会わせて差し上げている

ということでもあるのしょう。

 

■そうでなければ、

涙を流す理由の

説明がつかないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。