■多くの医療機関で、

組織の理念が浸透していないと言われています。

 

もちろんそれは、

「職員が理念の文言を暗唱していない」

などという表面的な話ではありません。

 

「職員が、具体的にどんな言動が理念に適っているか、

理解できていない」

という意味です。

 

◼️では、どうするか?

 

多くの場合、次の課題は、

「押し付けずに理念を浸透させたい」

という悩みでしょう。

 

というのも、経営者・上層部が、

「こんな言動が理念に適っている。

ぜひ実践してほしい」

と言えば、

「こうしなさい」

と言われているように受け取られてしまい、

そればかりが実践されて、

応用が利かなくなってしまうからです。

 

これでは、理念でもなんでもなく、

マニュアル主義と変わりません。

 

なので、経営者・上層部は、できる限り

「こうしなさい」

と受け取られるような投げかけはしたくないものです。

 

◼️では、どうすれば、

経営者・上層部から、

「こんな言動が理念に適っている。

ぜひ実践してほしい」

と投げかけすることなく、

理念を浸透させることができるでしょうか?

 

それは、

①まず、指示・命令をしなくても

現場がみずから気づき考え行動する組織を創り、

②さまざまな新たな発言や行動が、

余さず経営者・上層部に上がるようにし、

③その全てについて経営者・上層部が、

必ず感謝・敬意・賞賛・承認といった、

価値を感じているという意思表示をし、

④その中で理念に適った言動については、

経営者・上層部が、格別大きな賛同の意思表示をして見せる

・・・という方法です。

 

こうすると、強制でも指示命令でもなく、

「そういう言動がとくに嬉しい」

「そういう言動をとくに美徳としている」

という価値観を表現することが可能となるからです。

 

それ以外のことをするな、とも

価値がない、とも

誤解されることはありません。

 

「いろいろな言動を嬉しく思うけれど、

あの言動はとりわけ嬉しい」

という表現なので、

「望ましい」

という意思表示となるからです。

 

◼️では、その前提として、

①まず、指示・命令をしなくても

現場がみずから気づき考え行動する組織を創り、

②さまざまな新たな発言や行動が、

余さず経営者・上層部に上がるようにする

には、どうすれば良いのか?と

お考えでしょうか?

 

こうした組織体質を6ヶ月で築くプログラムを、

患者サービス研究所ではお勧めしています。

 

その1Dayセミナーを開催しています

よろしければお越し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。