■これまでは、病院も企業も、

決められたことをこなしていれば良い時代だったかもしれません。

 

「言われたことだけやっていれば良いというものじゃない」

とは、どこの職場でも言われていましたが、

 

「言われたこと以上のことをする職員」

を育てるための教育も、

ほぼ行われていないこと、

 

「言われたこと以上のことをした職員」

を大いに評価し、確実に報酬に反映するという制度設計も、

ほぼ行われていないことから、

 

「言われたことだけやっていれば良いというものじゃない」

が、それほど、切実な本音ではなかったことが明らかでしょう。

 

その結果、

こんにちをもってもなお、

医療従事者も企業社員の多くが、結局

「言われたことだけをしている」

状況です。

 

もし、

「うちはそんなことはない!」

という現場があれば、

日々、経営者・上層部・上司が思いもかけなかったような

問題提起や改善提案が、

部下職員から、次々と飛び出しているはずです。

 

■これまでは、

「言われたことだけをしていれば良い」

組織でもよかったでしょう。

 

しかし、昨今は、そんなことは言っていられなくなってきました。

 

現場の職員の一人ひとりが、

指示命令をされなくても、

みずから気づき、考え、行動してもらわなければならない時代に

なってきたことを、

みなさんも肌で感じていることでしょう。

 

「地域包括をどうするか?」

院外に出て、地域と一緒に学ばざるを得ない時代です。

 

患者さんを自宅で看取るケースが増え、

「グリーフケアをどう学ぶか?」

院外に出て、情報を得てこなければならない時代です。

 

そして、

「働き方改革」

の名の下に、業務改善することを余儀なくされたものの、

医療の質を維持したまま、

さらには、医療の質を向上しながらも、

業務の効率を上げるためには、

まさにそれぞれの現場に勤務する医師・職員の方々が

みずから気づき考え行動しなければ、

決して、その現場に即した最良の結論を得られない時代です。

 

つまり、医療機関も

まさに、1日も早く

「指示命令をされなくても、みずから気づき考え行動するのが当たり前の組織」

つまり

「自律進化組織」

に切り替えてゆかなければならない時代になってきたというわけです。

 

■では、

「組織体質をつくる」

のは誰でしょうか?

 

もちろん、方向性を決めるのは経営者や院長でしょう。

 

しかし、それを現場に浸透させるための

グランドビジョンを描き、

各部署の状況に合わせて実装方法を設計し、

実践までをサポートするのは、

事務部門の方々の役割ではないでしょうか?

 

実際、

医療職の方々、コメディカル部門の方々がアクターであるとすれば、

事務部門が、ディレクターの役割を担うことになるのは明らかでしょう。

 

そして、さらには、

各部署のリーダーこそが、

組織づくりの当事者にならなければ、

組織が変わるということはありません。

 

■そこで重要となるのは、

役職者が、従来の

「技能面での指導能力」

だけでなく、

「組織づくりの能力」

を備えるようになることです。

 

第一に、役職者になる職員に対して、

「あなたのミッションは、

技能面の指導だけではない。

むしろ、組織づくりの方が重大なミッションだ」

と伝えているでしょうか?

 

組織づくりとは、自律進化組織の組織体質を創ることです。

 

第二に、それができているかどうかを検証し、

人事評価の項目に加えて、

役職者の報酬に反映させているでしょうか?

 

これがなければ、

役職者が組織づくりに真剣に取り組むことはなく、

いつまでも組織は変わらないからです。

 

第三に、

役職者が自律進化組織づくりのミッションを自覚し、

評価報酬に反映することで組織の真剣さを知り、

その役割を果たしたいと思った時にそれを実践に移せるよう、

「自律進化組織」の創り方を

提示しているでしょうか?

 

まずは、役職者に

①組織づくりがミッションだと伝え、

②自律進化の組織づくりを、業務と同等の評価報酬の対象となることを示しましょう。

 

そして、

③自律進化組織を創る最短最速の方法もあります。

それが、患者サービス研究所の

「HIT-Bitプログラム」

です。

 

HIT-Bitを実施すれば、

これまでの固定概念にとらわれない

予期しなかった問題提起や改善提案が

次々と飛び出し、

自律進化が当たり前の組織体質になります。

 

過去、HIT-Bitを実施された成果の一端を

ホームページ上にアップしていますので、

ぜひご覧ください。

https://pcs-c.com/02pub/hit-bit-cases/

 

■■現在の1Dayセミナーの日程は、以下の通りです。

◆  8月19日(日)13:30〜16:30【東京】

◆  9月29日(土)13:30〜16:30【東京】

◆ 【大阪】その他は調整中です。

お申込みはこちらから

https://www.meducation.jp/seminar/?fw=患者サービス研究所

 

 

なお、以下の方は無料でご参加いただけます。

これまでに

・東京・大阪その他のHIT-Bitセミナーに参加したことがある

・2016年11月以降のSSKセミナーでHIT-Bitについて聞いた

・吉岡経営セミナーでHIT-Bitについて聞いた

・2017年8/6のメディカルコンソーシアムでHIT-Bitについて聞いた

……に該当(リピート)する方。

 

 

また、リピートの方が

上席者の方を伴って参加される場合は、

ご同席者の方も無料でご参加いただけます。

 

 

というのも、

本当に現場を自律進化組織へと変え、

結果を出していただきたいからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。