■「人の心はわかりにくい」

と言われます。

 

しかし、人の心は

「感情」と「思考」で構成されており、

たしかに「思考」はわかりにくいのですが、

 

私たちを支配し、心の正体とも言えるのは「感情」であり、

さいわいその「感情」の方が、

極めてシンプルだということを見てみると、

非常に人の心が見えてくるのです。

 

■「思考」とは、

情報を記憶し加工する作用で、

ちょうどパソコンのもっている機能と同じですね。

 

そして、人はそれぞれ生まれた瞬間から

異なる環境で異なる情報を蓄積し、

異なる体験を通じて異なる情報加工を学習してゆくので、

「思考」

は人それぞれです。

 

なので、「思考」は実にわかりにくいものです。

 

■一方、「感情」とは、

欲求によって左右されて起こるシンプルなものです。

 

患者さんの

「あれはどういうことか!」

というクレームに応じて、

すぐその場で説明して、誤解が解けたにも関わらず

患者さんは不満を訴え続ける、

……ということが珍しくないと思いますが、

それは、

「思考」では理解できたけれど、

「感情」が収まっていないため、

まだ心が明るくなっていない、ということの現れだと言えるでしょう。

 

では、この「感情」がどんなメカニズムになっているのでしょうか?

 

これがわかると、

相手が「思考」から繰り出す言葉に惑わされることなく、

その根底にある「感情」が見えてきます。

 

■一見、

言語化される「思考」の方がわかりやすく、

言語化されない「感情」の方が得体がわからないと思われがちでしょう。

 

しかし、その逆で、

「思考」の方が、人それぞれの価値観やロジックがあるため

複雑でわかりにくく、

「感情」の方が、シンプルでわかりやすいのです。

 

というのも、実は

「感情」は、「物理の法則」に則って作用する性質があるからです。

 

患者サービス研究所では、

「感情物理」

と呼んでいます。

 

次回以降、詳しくお届けします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。