■患者サービス研究所が行なうオープン・セミナーでは、

おもに

「自律進化組織の創り方」

について話をしています。

 

高度経済成長期における大量生産の時代に培われた

「指示命令体質」

は、私たちの身体の芯まで染み付いているので、

それを180度、切り替えて、

「自律進化体質」

へと変えてゆくことが必要

・・・・・・ということが明らかになり、

 

さらに、

「自律進化組織はすごい。

ぜひ、そんな組織にしたい」

と考えていただくことになります。

 

すると、

その段階で、参加者の方々から必ず受ける質問が3つあります。

 

それは、組織を、自律進化組織へと切り替えるためには、

  1. どのような教育をすれば良いのか?
  2. そのためにはどのような研修を実施すれば良いのか?
  3. 研修後も持続するためには、どのように意識づけをすれば良いのか?

・・・です。

 

たしかに、これは、誰もが思い当たる、ごく普通の発想に思えるかもしれません。

 

■しかし、実はこの発想こそが、まさに

「指示命令体質」

の現れにほかなりません。

 

というのも、上記の3つはいずれも、

「組織・上層部が、職員をどのようにドライブすれば良いか?」

という視点から派生していることばかりだからです。

 

世の中で、「自律進化組織」が、なかなか実現しないのは、

この指示命令体質の発想の下で、組織づくりが行なわれているから、

にほかなりません。

 

この、

「組織・上層部が現場職員を教え導く」

という指示命令体質の発想から抜けられない以上、

「指示・命令をしなくても、現場職員がみずから気づき考え行動する」

という自律進化体質の発想へと切り替わることはできません。

 

■なぜなら、まず、

1.どのような教育をすれば良いのか?

とは、まさに、組織・上層部の価値観を、職員に押し付ける

「IN-Putありき」

の発想です。

 

自律進化組織にするということは、

むしろ、職員からのOUT-Putを最大化することそのものであり、

すなわち、職員へのIN-Putは最小限にすることが不可欠です。

 

「どのような教育をすれば良いか?」

ではなく、その逆で、

「どのようにすれば、教育せずに、職員が自律進化するようになるか?」

を探究しなければならないのです。

 

IN-Putありきの発想から、OUT-Putを最大化する発想へ

切り替えてください。

 

■次に、

2.そのためにはどのような研修を実施すれば良いのか?

とは、研修という一時的なイベントを前提としています。

 

研修は、どんなに多くても1ヶ月に1回程度でしょうか。

 

そんな一時的なイベントで、組織の体質が変わることはありません。

 

「日々、職員がそのことを気にかける」

「日々、職員同士でその話題が出る」

といった、

毎日の日常の中でリマインドする場面がなければ、

とても体質とはいえないでしょう。

 

研修のように、時々行なう一時的なイベントは、

日常の中に存在する体質づくりとは、まったく逆の視点です。

 

「時々、研修というイベントをする」

は、組織や上層部が、現場をドライブしようと考えている指示命令体質だからこそ、

生まれてくる発想であり、

その反対に、現場職員が、

「変えなければいけないのは、日常だ」

という発想になり、

自律進化組織へと近づこうとうすることとは、

まったく逆の考え方であることが明らかでしょう。

 

つまり、

「どのような研修を実施すれば良いのか?」

というイベントを当てにした発想ではなく、その逆で、

「どのようにすれば、日常の中にリマインドすることができるか?」

を探究しなければならないのです。

 

「時々」実施するイベントの発想から、「毎日」行なうリマインドの発想へ

切り替えてください。

 

■そして、

3.研修後も持続するためには、どのように意識づけをすれば良いのか?

もまた、

そもそも、

「意識させるようにすれば、意識が持続するはずだ」

という、指示命令体質ならではの精神論にほかなりません。

 

そもそも、

「意識づけ」

という言葉は、他者からの働きかけによって意識させるという意味であり、

他者からの価値観の押し付けが、持続することはありません。

 

というのも、

自分が大事だと思って始めたことですら、継続することが至難の業なのですから。

 

また、

「いま、ここまでできているけれど、どれだけ足りない」

「本当は、どこまでたどり着かなければいけない」

と客観的に判断できるものさしがなければ、

上司から

「もっと向上しよう」

と言われるたびに、現場職員は

「いったい何が足りないというのか?」

「いったいどこまでやれば良いのか?」

と、不満を抱くことになります。

 

ものさしも無いのに、

昨年言われたことを、今年も言われ、来年もさらに言われれば、

部下たちは、

「それは上司の主観ではないか?」

と感じるので、かえって、組織と現場の関係が悪くなる一方なのです。

 

つまり、組織の価値観が本当に浸透し、

現場職員に浸透して、

永遠に持続するためには、

つねに、進捗を振り返ることができる客観的指標が不可欠であり、

進捗を「定量評価」することが絶対要件となるのです。

 

主観的な「精神論」ではなく、客観的な「定量評価」へ

切り替えてください。

 

■このように、指示命令体質がしみついているため、つい、

  1. どのような教育をすれば良いのか?
  2. そのためにはどのような研修を実施すれば良いのか?
  3. 研修後も持続するためには、どのように意識づけをすれば良いのか
を考えがちですが、自律進化体質へ切り替えるためには、
  1. 教育(IN-Put)から、OUT-Putへ
  2. 研修(時々)から、毎日へ
  3. 意識づけ(精神論)から、定量評価へ

と、ことごとく180度切り替えることが必要となります。

 

■患者サービス研究所の提唱する

「HIT-Bit」

は、この3つの条件を満たしているので、

最短6ヶ月のプログラムで、

自律進化体質へと、

思考も言動も「習慣変容」することが可能となっています。

 

「OUT-Put」を、

「毎日」することによって、

自律進化の発想へと切り替わり、

 

また、HIT-Bitを行なうことで、

どれだけ自律進化体質が浸透してきたかを、

「定量評価」

することが可能となるので、

昨年より今年、今年以上に来年へと、

自律進化体質が永続し、より多くの自律進化が生まれる組織になります。

 

■■HIT-Bitについては、1Dayセミナーを開催中です。

◆  9月29日(土)13:30〜16:30【東京】

◆  10月28日(日)13:30〜16:30【東京】

お申込みはこちらから

https://www.meducation.jp/seminar/?fw=患者サービス研究所

 

なお、以下の方は無料でご参加いただけます。

これまでに

・東京・大阪その他のHIT-Bitセミナーに参加したことがある

・2016年11月以降のSSKセミナーでHIT-Bitについて聞いた

・吉岡経営セミナーでHIT-Bitについて聞いた

・2017年8/6のメディカルコンソーシアムでHIT-Bitについて聞いた

……に該当(リピート)する方。

 

また、リピートの方が

上席者の方を伴って参加される場合は、

ご同席者の方も無料でご参加いただけます。

 

というのも、

本当に現場を自律進化組織へと変え、

結果を出していただきたいからです。