■負責病とまでは言わないけれど、

「これも指示命令体質のせいか!」

ということが多々あります。

 

それほど、私たち自身が自覚できないくらい

指示命令体質が、深く染み付いているからです。

 

■たとえば、終業時間に、こんな会話を、わたしもよくしていました。

 

部下の

「お疲れ様でした。お先に失礼します!」

に対して、

わたしも、

「お疲れさま!

そう言えば、来週の資料、できているか?」

「はい、大丈夫です」

「助かるよ。

ところで、今日のあのお客さん、大丈夫だったか?」

「ええ、わかっていただけましたので、問題ありません」

「よかったな。

以前たのんだプロジェクトの件、順調か?」

「はい、少しピッチ上げてゆきます」

「そうか、頼んだぞ。じゃ、気をつけて!」

 

こんな会話は、どこの現場にもあるでしょう。

 

■しかし、心理構造を考えてみると、

見えてくるものがあります。

 

というのも、この会話は、すべて、

上司である私が

「ぼくが指示したことがちゃんと進んでいるのか?」

と聞いているだけです。

 

つまり、

上司が、上司の価値観を

「ちゃんとやってくれよ」

と、IN-Putしているだけの会話だということがわかります。

 

そして、部下の価値観を

「本当は、きみはどんなことが気になっているのか?」

「本当は、どんなことをしたいのか?」

「やる気が高まっているのか?それとも落ち込んでいるのか?」

と、OUT-Putさせるような言葉は一言たりともありません。

 

上司が、

「ぼくの価値観にしか関心がない。

きみの価値観など興味がない」

と言っているのと同じです。

 

これで、部下のモチベーションが上がるはずもありません。

 

まして、部下が

「この上司のためなら、ぜひ力になろう」

と思う理由がありません。

 

■指示命令体質が染み付いていると、

こうしたIN-Putだけの会話にも、

違和感を覚えることがなくなってしまいます。

 

一方、自律進化体質であれば、

まず、

「今日は何か気になったことはあったか?」

と相手の価値観に関心を示すことから始まります。

 

なぜなら、

自律進化組織においては、

職員本人が何を感じ、何を考えているかが、

すべての言動の起点となるため、

上司は、部下の気持ちにおのずと関心が向くからです。

 

 

 

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    残念ながら、私が居たところでは、得意分野を伝えると、逆にその分野へ関わることが難しい配属にされるという経験がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。