image

■負責病とまでは言わないけれど、

「これも指示命令体質のせいか!」

ということが多々あります。

 

それほど、私たち自身が自覚できないくらい

指示命令体質が、深く染み付いているからです。

 

■たとえば、伝えたいことがある時に、

職員全員に呼びかけて研修で伝えるということがあります。

 

「個人情報保護」

「セクハラ・パワハラ防止」

「リスク管理」

など、何より、

職員の意識が変わらなければ、現場変わらないといったテーマであっても、

「とにかく、みんなを集めて話を聞いてもらおう」

ということが、多々行なわれていることは、ご存知の通りでしょう。

 

こうした

「意識づけ」

を、

「職員を集めて伝える」

という発想も、やはり指示命令体質の名残りの一つです。

 

■もしも、

単なるお知らせや、

技術や知識の伝達であれば、

集めて伝えるという形でも問題ありません。

 

あるいは、

プリントを配布したり、

コピー・アンド・ペーストで作成したメールを同時配信すれば、

用件が済みます。

 

指示命令体質のもとでは、

原則が一方通行の情報伝達なので、

「まとめて伝える」といったシンプルな方法になりがちです。

 

また、多くの対象に正確に指示命令を伝えようとするほど、

「同じ文面をコピーしては配る」

といった形をとろうとするのも一理あります。

 

しかし、

人に(しかも多くの人に)動いてもらおうというのに、

対話もなしに、

一方的に、同じ文言を配信するというのは、

考えてみれば、いかに横着なことでしょうか?

 

その

「こんな風に動いて欲しい」

の真剣さが伝わるはずがありません。

 

■上述の

「個人情報保護」

「セクハラ・パワハラ防止」

「リスク管理」

といった、

職員の意識が変わらなければ、現場変わらないといったテーマであれば、

伝達すれば良い、というものではありません。

 

したがって、自律進化体質のもとでは、

本人が、これらのテーマに対して、

「どのようにしたい」

と考えるか?という本人の価値観が重要です。

 

本人の価値観に影響をおよぼせなければ、

その後の言動に変化をもたらすこともできないからです。

 

■集めて一方的に同じことを伝える、というのは、

まさに指示命令感覚の産物に他ならない、ということです。

 

では、価値観に影響をおよぼしたい場合には、

どのようにすれば良いでしょうか?

 

さまざまな価値観の相手にアプローチすることになるため、

単純ではありませんが、

・まず、本人の価値観を聞くことから始める

・本人同士で意見交換をする

・変化の必要性をさまざまな方法で体感させる

・そのためには、体感できるところへ連れてゆく

・体感できるためにふさわしい人と会わせる

などが挙げることができます。

 

他にも方法があることと思いますが、

テーマや対象者に応じて、より良い方法を探究してゆきたいものです。

 

相手の意識を変え、言動を変えるならば、横着はできない、

ということが言えるのではないでしょうか。

 

自律進化体質を目指すならば、

まず、相手がどう感じるか?どう考えるか?

から、始めることが起点となるからです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。