■目的とは、

「的」

という字がある通り、

矢がそこに刺さって止まるように、

ゴールを意味している言葉です。

 

目標とは、

「標」

という目印を意味する字がある通り、

プロセス途上にあるいくつかの指標の一つを意味しています。

 

言うまでもありませんが、

「目標が、正しく設定されているかどうか」

は、

目的が何か?が明確になっていて初めて決まります。

 

たとえば、東京を出発して大阪にたどり着きたいのに、

仙台に目標があっては、ゴールに向かって進むことにはなりません。

 

目標が正しいのかどうか?

その目標を目指すことによって目的に近づいているのかどうか?

つまり、

「日々の動きのすべてが正しいのかどうか」

は、

すべからく目的に照らして初めて決まる、ということです。

 

つまり、

目標が正しいのかどうか、

その目標を目指すことによって目的に近づいているのかどうか?

を、

常に目的に照らして確認しているかどうか?

が、最短最速で正しい成果をあげるためには、不可欠な条件であると言えるでしょう。

 

■ところが、わたしたちは誰でも、

ともすると、目先のことにとらわれがちで、

つい手段のことばかりに目がゆき、

目的を見失ってしまいます。

 

そのため、

職員同士がお互いに、つねに、

「それで良かったんだっけ?」

「本当にその方向を目指していたんだっけ?」

と問いかけあうことが必要となります。

 

みなさんの現場では、

「それで良かったんだっけ?」

「本当にその方向を目指していたんだっけ?」

と問いかけあっていますでしょうか?

 

問いかけることもあれば、そうでないこともある。

問いかける人もいれば、そうでない人もいる。

…といった状況は、習慣ではないので、やがて風化することでしょう。

 

では、目的を見失わないように、

つねに問いかけ会うことが当たり前の組織風土にするためには、

どうすればよいでしょうか?

 

それは、定型的なコミュニケーション・モデルを

設けるということです。

 

やってくれる人に依存していては、システムにはなりません。

 

人が変わろうと、状況が変わろうと、永続するには、

システマチックに行なうことが前提であり、

コミュニケーション・モデルが必要となるということでしょう。

 

つねに

「それで良かったんだっけ?」

「本当にその方向を目指していたんだっけ?」

と問いかけあうことで、

日々、視野を広げ、

互いの可能性を引き出し合うコミュニケーション・モデル、

それが

「HIT-Bit」

です。

 

1日5分のHIT-Bitによって、

思いがけない問題提起や改善提案が、

日々上がってくることが当たり前の組織になります。

 

そんな現場では、

「そうそう!そういうことをしたかったんだよね」

「それ!それこそが、病院の求めていたことだったよね」

という対話がなされ、

大小様々な改善を生みだしながら、

つねに目的に向かって前進しています。

 

ぜひ、職員同士がつねに

「それで良かったんだっけ?」

「本当にその方向を目指していたんだっけ?」

と問いかけあう組織を創られることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。