■部下・職員に対して、

「あなたのミッションは、担当業務を遂行することだ」

と伝えることが、

以前は、どこの組織でも、当たり前でした。

 

しかし、これが、組織にとっても、職員にとっても、

とてつもない損失をもたらす考え方であることを、

すでにお気付きではないでしょうか?

 

====

 

■患者サービス研究所が提唱する自律進化組織づくりの方程式

「HIT-Bitプログラム」

について、くわしくご紹介する

HIT-Bit 1Dayセミナーを、

来年3月に、鹿児島市で開催することとなりました。

◆  ’19年3月23日(土)13:30〜16:30【鹿児島】

お申込みはこちらから

◆場所:サンプラザ天文館

◆参加費:1人当り4,000円

 

その他、東京の日程は以下の通りです。

◆  ’18年12月15日(土)13:30〜16:30【東京】

◆  ’19年1月18日(金)13:30〜16:30【東京】

◆  ’19年2月15日(金)13:30〜16:30【東京】

お申込みはこちらから

 

====

 

■さて、

部下・職員に対して、

「あなたのミッションは、担当業務を遂行することだ」

と伝えるということは、

 

すなわち、

「職場では、自分の価値観を出すこと許されない。

組織や上司の価値観に従って働きなさい」

ということを意味しています。

 

すると、職員が、

仕事を通じて、やりがいや誇りを感じることはないので、

「仕事とは、時間の切り売りである」

ということになります。

 

仕事が、

二度と返らざる時間を売ってお金に代える取引だとなれば、

できる限り時間や労力を費やさず、

業務を済ませたい、ということになるでしょう。

 

契約にないことをしても、

損になるだけだからです。

 

そこには、

「クライアントのために、力を尽くそう」

とか

「もっとできることがあるはずだ」

とか、

「他に負けない組織を創ろう」

という生産的・建設的な発想が生まれることはありません。

 

■さて、

みなさんの息子さん・娘さんに、

そんな職場に勤めて欲しいと思うでしょうか?

 

できれば、

「この仕事には、理屈じゃないやりがいがある」

「この職場には、お金では買えない体験がある」

と、心から没頭できる、

やりがいと誇りに満ちた仕事をして欲しいのではないでしょうか。

 

■少なくとも、大切なことは、

部下・職員に対して、

「あなたのミッションは、担当業務を遂行することだ」

と伝えてはならない、ということです。

 

その反対に、

部下・職員に対して、

「あなたのミッションは、クライアント・組織・自分自身がより良くなるよう、

自分の信じる通りに自律進化することだ」

と伝えることです。

 

ミッションを、このように定義づけられることで、

部下・職員は、

自分にしか気づけないこと、

自分だからこそできること、

そんな自分だからこそクライアントから、

手を握って感謝されたり、涙を流して喜ばれる瞬間

を、創り出してゆくことができるようになります。

 

そして、そこには、

理屈じゃないやりがいや

お金では買えない瞬間が生まれ、

職員は、

「もっとできることはないか?」

と、さらに没頭したいと心から思うこととなります。

 

■みなさんの職場では、

部下・職員の方々に、

「あなたのミッションはこれだ」

と明確に示しているでしょうか?

 

患者サービス研究所では、

職員の方々に

「職員のミッションは、クライアント・組織・自分自身がより良くなるよう、

自分の信じる通りに自律進化することだ」

ということが浸透するためのプログラムを提唱しています。

 

それがHIT-Bitです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。