■書店にゆくと、

『〇〇がうまくゆくための30のポイント』

とか、

『◇◇で悩まなくなる50のコツ』

とか、

『△△の達人になるための80の秘訣』

といったタイトルの本が、

毎週のように新刊コーナーに並んでいるのを見かけます。

 

売れるのでしょう。

 

たしかに、

「こうした方がいいよ」

という項目が、それぞれ、簡潔に書かれていて、

読みやすいでしょう。

 

そして、

「わかるわかるぅー」

と、頷きながら立ち読みして、

ついつい買ってしまうということも多々あるかもしれません。

 

■しかし、自分自身がそうした本を買って、

いったい、どれだけ役に立っているでしょうか?

 

30も50も80も大事なことが書いてあるものを読んで、

いったい、いくつ身についているか?ということです。

 

もしも、そのうちのたった1つでも、

読んで以来、今日まで続いている「習慣」になっていたら、

それは、上出来ではないでしょうか?

 

そうなっていないとすれば、

ポイント集を買って読んでみても、

「大事なことがわかったつもり」

になる、それは気休め行為に過ぎない、ということではないでしょうか。

 

■そもそも、人間にとって、

「習慣を身につける」

ということは、至難の技であることを踏まえなければなりません。

 

『7つの習慣』は、

全世界で3000万部売れたと言いますが、

読んだ全員が大成功しているわけではありません。

 

みなさんの身近にも、

「読んだ」

という人は、山ほどいることと思います。

 

しかし、読んだは良いものの、

そのうちの1つでも習慣にすることが困難なために、

まして7つすべて習慣にすることはほぼ不可能なので、

「7つとも習慣にしてるよ!」

という人は、ほぼ見かけないでしょう。

 

「7つのうちたった1つだけど、きっちりと習慣化してるぜ」

という人さえも稀でしょう。

 

それほど、習慣を身につけることは難しいということです。

 

研修会社の中には、

「行動変容が大事です」

と唱えるところがありますが、行動は変えることができます。

 

一時的には。

 

そして、本当に大事なのは、行動変容が持続すること、

すなわち、

「習慣変容」

の方なのですが、これが至難の技なのです。

 

■というわけで、本当に変わろうとするならば、

「習慣変容」

をいかに、自分に起こすか、が重要になります。

 

そのためには、カギとなることが30も50も80もあっては、土台、習慣化は不可能です。

 

大事な7つすら、容易に習慣化できないのですから。

 

そして、本当に重要なのは、たった1つであるはずです。

 

本質を突き詰めれば、たった1つの要件に絞られるはずなのです。

 

「1つのカギ」

というタイトルより、

「30のポイント」

「50のコツ」

「80の秘訣」

と、数が多い方が、得に感じられるのかもしれませんが、

「本質1つに絞りきれていない」

ということでしかありません。

 

たとえば、

「2つ以上の要件があった時に、どちらを優先するべきなのか」

本質が明確にわかっていれば、答えは明確です。

 

優劣をつけられていない場合には、

その著者自身、本質が見えていない、ということでしょう。

 

したがって、本当に重要なのは、

「本質的に最も重要なカギを、きっちりと習慣化すること」

であると言えます。

 

■では、習慣化するためには、どうすればよいか?

 

患者サービス研究所では、

いっときだけ変わる施策ではなく、

効果が永続する施策、すなわち「組織体質づくり」をお勧めしています。

 

いつまでも組織が変われない施策ならば、

それは本当の組織づくりとは言えないからです。

 

言い換えれば、

組織に「習慣変容」をもたらすことを提唱していることになります。

 

その、

「習慣の創り方」

については、また別の機会に、ここでもご紹介したいと思います。

 

■いずれにしても、

「一時的な施策」

に惑わされないことをお勧めします。

 

そして、どんなことをする場合にも、

「これで、組織が変わるのか?」

「効果が永続するのか?」

を確認し、あくまで、

「組織づくり」が実現できるのかどうか?を

見極めることです。

 

さもなければ、

きっと導入した施策はいずれも、効果が持続せず、

のちのち、

「あの時、やったよね」

と過去のものとなってしまうことでしょう。

 

効果が永続しない施策は、

あとで振り返れば

費用と時間と労力が無に帰してしまうことになりかねません。

 

ぜひ、効果が持続する施策だけを導入するよう、

くれぐれも注意してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。