■NHK大河ドラマ「風と雲と虹と」(1976年放映)より。

 

■世間には、

さまざまな利権によるいびつな力学が働いていて、

「あれ?本当はその逆では?」

ということが、あまりにもたくさんあります。

 

組織論やモチベーション理論においても、

 

組織を変えるには研修だ、

教育すれば社員は動く、

表彰制度でモチベーションは上がる、

対話のテクニックを学べば接遇が良くなる。

……などなどの常識とされていることが、

実は間違い、ということが多々あります。

 

その素朴な

「あれ?」

こそが、本質を見抜く方法ではないか、と思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。