■「馬を水辺に連れてゆくことはできるが、

水を飲ませることはできない」

という表現があります。

 

たしかに、

どんなに水辺に連れて行っても、

馬自身が水を飲んでくれなければ、

人が無理矢理に水を飲ませることはできないものです。

 

「人間は、店に入れば水が出てくるので

つい飲んじゃうっていうクセがあるかもしれないけど、

おれたち馬は、店に入らないから、

水辺に来ればつい飲んじゃうクセなんか無いからな!」

と、馬から聞いたことも一度や二度ではありません。

 

では、

「馬に水を飲ませたい」

と思った時にも、

人間はあくまで、

「馬が水を飲む気になってもらうのを待つより他ない」

のでしょうか?

 

■これは、

「どのようにすれば、職員のモチベーションを上げることができるか?」

と、同じ問いかけとも言えます。

 

もし、職員が、指示・命令によって動くのではなく、

みずから気づき、考え、話し合い、実践することができれば、

まさに、

「自律進化組織」

であり、こんなに素晴らしい組織はありません。

 

では、

こうした

「自律進化行動」

を生み出すためには、どうすれば良いでしょうか?

 

■そこで、

「自律進化行動の設計図」

を、表のようにまとめてみました。

 

馬に水を飲ませるためには、まず、

「馬が水を飲みたくなるようにする」

環境を実現すれば良いのです。

 

具体的には、

運動をさせたり、暖房の利いた厩舎に入れるといったことでしょうか。

 

この環境を、

その後の結果のすべてを生み出すスイッチとなるので、

スイッチ環境

とでも呼びましょう。

 

すると、馬は必ず喉が渇くという「痛み」を覚えます。

 

痛みを感じれば、誰でも防衛本能が作用するので、

痛みを解消したいために、

「水を飲みたい」

という欲求が生まれます。

 

あとは、その欲求が充分に強烈であれば、

実際に、

「馬が、厩舎を飛び出す、水辺へ走る、水を飲む」

といった行動を必ず惹起します。

 

つまり、

このように行動までの因果関係を因数分解してみれば、

①スイッチ環境を実現すれば、

②スイッチ環境が痛みをつくり、

③痛みが顕在化すると、

④防衛本能が作用し、

⑤痛みの解消行動につながる

と、

ピタゴラスイッチのような公式が成立する、ということが言えるのです。

 

■とすれば、

職員を動かし、組織を巻き込む場合にも、

同じピタゴラスイッチの公式が有効となることでしょう。

 

まず、

①職員が「自分自身の力不足を感じる」または、「他者からマイナス評価をされる」というスイッチ環境を実現すれば、

 

②職員は、その環境に直面することで「このままではいけない」と認知します。

 

③その結果、「このままではいられない」という「痛み」を覚えるに至ります。

 

④痛みが鮮烈で鋭い痛みであるほど、無条件反射的に「防衛本能」が作用するのが、生き物すべてに共通する生理現象です。

 

⑤防衛本能は、当然、身体活動(つまり具体的な「痛みを解消する行動」)となって表出し、

痛みが解消するまで、他の誰かが見ていようと見ていまいと、誰かに強制されようとされまいと、持続することとなります。

 

何しろ、鮮烈に痛いのですから。

 

■①のスイッチ環境を実現すれば、自動的に②、③、④と因果関係が連鎖し、⑤の痛みの解消行動が必ず起こる、というピタゴラスイッチです。

 

多くの組織の現場では、

直接、⑤「こういう行動をしなさい」を求めている気がしないでしょうか?

 

あるいは、④「こういう行動をすべきではないか?」と説得してはいないでしょうか?

 

もしくは、③「このままではいけないだろう?」と、説明によって危機感を持たせようとしていないでしょうか?

 

または、②ダイレクトに「痛みを感じさせるにはどうしたら良いか」を考えたりはしていないでしょうか?

 

特に、②については、「環境を設ける」ようにすることが重要なのにも関わらず、

管理職や上席者が、ダイレクトに「痛みを感じさせよう」として、部下職員を責めたり詰問したり、恥をかかせようとするケースをしばしば見かけますが、

これは部下との関係が悪くなるり、

重要な意思疎通までができなくなるだけです。

 

本当に人を動かし、組織を巻き込むためには、

これら⑤④③②を起こそうとするのではなく、

因果関係の最上流にある①にアプローチすることが不可欠です。

 

この、

「①スイッチ環境を実現すれば、あとは自動的に、⑤痛み解消行動が起こる」

というシナリオが、

「自律進化行動の設計図」

です。

 

■なお、

もちろん、

「どのようなスイッチ環境をデザインすれば良いのか?」

は、

「どのような痛みの解消行動を起こさせたいのか?」

によって、個別具体的に異なります。

 

しかし、いずれにしても、

「⑤④③②といった直接的な働きかけを考えてしまわないこと」

を、今回は心に刻んでおいてください。

 

そして、

最上流の①「スイッチ環境」から設計することを

忘れないことをお勧めします。