■身体の管理をする場合、

普段からバイタル・チェックをしておけば、

時々不調があっても、

「ま、これは通常の変化の範囲」

とわかるので、いちいち慌てる必要はありません。

 

また、時々、体力測定で良い数値が出ても、

それが珍しいことなのかどうか、把握することができます。

 

■身体と心理はパラレルな傾向があり、

心理状態の管理をする場合も、

本当は、

普段から心のバイタル・チェックをしておけば、

時々不調があっても、

「これは通常の変化の範囲」

とわかるので、慌てる必要もなくなります。

 

また、時々、メンタル的に快適なことがあっても、

それが珍しいことなのかどうか、把握することができ、

情緒をコントロールする参考にすることができるでしょう。

 

ただし、

「心のバイタル・チェック」

とは、どうすれば良いのか?は、

簡単ではないかもしれません。

 

■そして、

個人の心理と組織の体質はパラレルな傾向があり、

組織体質の管理をする場合も、

普段から組織体質のバイタル・チェックをしておけば、

時々、ミスやクレーム、ヒヤリハットがあっても、

「これは通常の変化の範囲」

とわかるので、慌てる必要がありません。

 

むしろ、一定数のヒヤリハットが上がってこないことが、

問題だと、みなさんもご存知の通りです。

 

また、時々、現場において素晴らしい事例があっても、

それが珍しいことなのか、

あるいは当病院では当り前にできているといえることなのか、

把握することができ、

その組織の素晴らしさの水準を、

維持するのか、さらに向上するのか、をコントロールすることが可能となります。

 

■組織体質のバイタル・サインで、

最も重要なものは、

「どれだけ現場職員がみずから気づき考え行動できているか?」

という指標でしょう。

 

いわゆる

「自律進化傾向」

です。

 

なぜなら、

自律進化の組織体質になっていれば、

現場のあらゆる事々が現場主導で向上し、

もっとも職員の精神衛生がよく、

患者さんにも最も行き届いた対応が可能となり、

その結果、もっとも生産性が高い組織が実現するからです。

 

組織体質のバイタル・サインで、

次に重要なものは、

「どれだけ、職員同士の風通しが良いか?」

という指標になります。

 

というのも、

職員同士がなんでも話し合える風通しの良い関係性になければ、

もし、改善につながる違和感を覚えたり、

大胆なことを思いつくことがあっても、

それを口に出すことができないため、

実現もできず、

それは、自律進化が生まれない組織となってしまうからです。

 

そのため、自律進化の組織体質を築くためには、

論理必然的に、

「職員同士がなんでも話し合える風通しの良い関係性であること」

が、前提条件となるのです。

 

■では、

「自律進化傾向」

と、

「風通しの良さ」

といった、組織にとって最も重要なバイタル・サインを、

チェックする方法はあるのでしょうか?

 

もしこれがなければ、

ミスやクレームやヒヤリハットがあっても、

それが通常範囲なのか、

問題範囲なのか、判断できません。

 

現在の組織体質が、

良い状態で維持するに値する水準なのか、

それとも、

さらに向上して次のステージを目指すことが可能な水準なのか、

わかりません。

 

となれば当然、

組織マネジメントの舵取りができない、ということになってしまいます。

 

果たして、

「自律進化傾向」

「風通しの良さ」

を定量評価する方法はあるのでしょうか?

 

■ただし、測定するとしても、

「主観評価」

では意味がありません。

 

職員にマークシートで回答してもらうといった

職員の主観で、

「わたしたち、かなり自律的にやっています」

「ずいぶん話し合っています」

と回答してもらったところで、

あてにはならないことは、みなさんもご存知の通りでしょう。

 

「アンケートは嘘をつく」

と言われている通りです。

 

なので、参考情報にはなっても、

主に依るべき指標にすることはできません。

 

では、どうするか?

 

■患者サービス研究所では、

組織の「自律進化傾向」や「風通しの良さ」を、

客観的に定量評価するためにも、

「HIT-Bit」

の手法をお勧めしています。

 

HIT-Bitは元来、

「指示命令をしなくても、現場職員がみずから気づき考え行動する『自律進化組織』を創る」

手法として開発されたものです。

 

そして、

「自律進化傾向」

「風通しの良さ」

を向上してゆくことを当然目指してゆくので、

その進捗状況を客観的に定量評価できなければなりませんでした。

 

なぜなら、

進捗状況を定量評価できなければ、

「体質が向上したかどうか」

の検証もできず、

ということは、

「さらに向上しよう」

「どこまで目指そう」

という目標設定もできないということになります。

 

つまり指標がないということは、

「向上し続けることができない」

ということを意味しているのです。

 

そこで、

HIT-Bitは、

「自律進化傾向」

「風通しの良さ」

を客観的に定量評価することが可能な手法となっていて、

いいかえれば、

組織体質のバイタル・チェックをすることが可能となっています。

 

■ところで、世間には、

「コミュニケーションが活発になる」

「職員のモチベーションが上がる」

「チームワークが向上する」

「ホスピタリティが良くなる」

「リーダーシップが高まる」

などなど……、

さまざまな組織体質向上策らしき研修やコンサルティング・プログラムがありますが、

 

その進捗を客観的に定量評価するものは、

あるのでしょうか?

 

「よくなった気がする」

だけでは、

費用と労力と時間の無駄となってしまいます。

 

そして、それでは、

バイタル・チェックもせずに、

「回復した・悪化した」

と言っているようなものですから、

本当に治すことはできないのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。