■患者サービス研究所が提唱している

「HIT-Bit」

という手法は、

職員同士が何でも話し合える関係性を創ることによって、

職員一人ひとりが感じている

「本当はもっとこうしたい」

という意見を出し合えるようになり、

みずから進化してゆく

「自律進化組織」

を実現するための方法です。

 

そんな説明を聞いて、多くの経営者・上層部の方々が、

「それは良い方法だ」

と賛同してくださり、中には、

HIT-Bitの導入に進んでくださることもあります。

 

なお、経営者・上層部の方々には、

「何でも話し合える関係性を創る」

前に、進めていただかなければならない事前施策が一つあります。

 

というのも、その事前施策が進められていなければ、

HIT-Bitを導入しても、

効果が上がらないということがあるからです。

 

■では、その事前施策とはなにか?

 

それは、

「職員の方々に、『職員のミッションは、現場をもっと良くすることだ』と明示すること」

です。

 

というのも、

職員は、

「もっと良くすることが自分のミッションだ」

と自覚していれば、

違和感にも敏感になり、

「もっと変えられることはないか?」

という関心を持ち、

変わる取組にも積極的になります。

 

すると、HIT-Bitを導入して

「何でも話せる関係性を創ろう」

という機会が与えられた時に、

「ぜひ、話し合おう」

という考えになります。

 

一方、職員に

「もっと良くすることが自分のミッションだ」

という自覚がなければ、

「日々の業務をつつがなく終えて早く帰りたい」

という傾向になりますから、

できるだけ、新しいことを拒絶する傾向になります。

 

すると、HIT-Bitを導入しても、

そもそも、

「もっと良くしたいのに」

という思いがないので、

言いたいことが言えない苦しみがありません。

 

そこへ、

「何を言っても良いんだよ」

と言ってみても、

「いや別になんもないっす」

「それより、早く家帰りましょうよ」

となってしまいます。

 

■つまり、

「全員で良くしていく病院を創る」

という目的が明らかであることが何より重要だということです。

 

その目的が、職員の方々の心に刺さっていれば、

HIT-Bitなどの手段が、最大限効果的に活かされるということです。

 

そして、

「その目的、そこまでして実現する必要があるの?」

という職員に対して、

「そこまでして実現するのだ」

と毅然としてその価値観を明示できるのは、トップをおいて他にはいません。

 

ただし、トップがそのゴール像(目的)を明示すれば、

それを実現するための手段はあり、

必ず、その目的は達成されることでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。