■組織づくりの要が管理職であることは、

すでにご存知の通りでしょう。

 

組織を一枚岩にして、総力を発揮できるようにするには、

トップのその想いを

現場の隅々にまで行き渡らせるために、

管理職が活躍してもらうことが不可欠だからです。

 

しかし、

医療業界においては、

管理職教育を行なっているところも少ないのが実情です。

 

しかも、

行なわれている管理職教育も、

・考課者訓練

・面談方法

・目標設定指導

などの、

これからは機械でもできる事柄ばかりと聞きます。

 

時々、コンサルタント会社の管理職研修で、

SWOT分析をしてみる、ということもあるようですが、

その結果をもって、

管理職が今日も現場で何かに取り組んでいるか?というと

そんなことは、ほぼ無いようです。

 

要するに、

業務管理のやり方だけが教えられているものの、

それ以上に重要な、

「職員の育成」「組織の活性化」

については、触れられていないのが現実であるように見受けられます。

 

■そもそも、「管理職」という言葉が先行するためか、

「管理」

という発想の域を出ませんから、

これからの自律進化組織づくりにおいては、

機能しません。

 

なぜなら、

自律進化組織を育成してゆくためには、

「いかに管理しないか?」

が基本的な思想が必要だからです。

 

というのも、

上司が管理するほど、

部下は自己管理しなくなるからです。

 

■これからの時代、

どのようなことを、管理職は学べば良いのでしょうか?

 

患者サービス研究所の管理職研修においては、

以下のような項目を取り上げてゆくことになります。

 

▼ミッションについては・・・

 

・業務だけをすれば良いというものではない。では何をするのが管理職か?

 

・システムではなく、あなたという人間が管理職をする意味とは?

 

・予期しなかったことを部下が言ったり行動したりしているか?

 

・なぜ、部下が新たな意見を言ったり、新たな取組をはじめないのか?

 

▼管理職としての考え方については・・・

 

・どう指導すれば、部下は自律的に考え動くのか?

 

・水辺に連れてゆくことはできるが、水を飲ませることはできない。ではどうすればよいのか?

 

・「忙しいからコミュニケーションを取れない」では、立て直すことはできるのか?

 

・部下の心を理解できている気がしない。部下から感謝されていない。ではどういう接し方が良いのか?

 

・部下が「大変」「無理」「必要なのか?」と言ってきたら、どうすれば良いのか?

 

・部下からの依頼にどこまで応えてやれば求心力が維持できるのか?

 

・なぜ、部下は依存的で受け身なのか?それを変えるにはどんなプログラムが良いのか?

 

・意見を出させると、解決できない問題が上がるのではないか?

 

・「ちゃんと見てくれていない」と部下から言われないためには、どうすれば見てやれるのか?

 

▼管理職としての言動のポイントは・・・

 

・部署の活躍ぶりを実証しているか?できなければ管理職とはいえない。

 

・なぜ、指示・命令をして、きめ細かく指導してもモチベーションが下がるのか?

 

・なぜ、部下は本心を打ち明けてくれないのか?

 

・後ろ向きな意見をいう職員はどう矯正すればよいか?

 

・良かれと思って指導しても、いうことを聞かないし、謙虚にならない、感謝もしない。どうすれば良い上司部下の関係が築けるのか

 

・なぜ、職員同士が気持ちよく協力したり、感謝できないのか?

 

・新しい取組には常に摩擦が起きる。どうすれば新しいことへ進めるのか?

 

・なぜ、注意しても素行が治らないのか?

 

■……などなど、

主に、上記のような項目が挙げられます。

 

いずれも、

「確かに、それぞれの解答があれば助かる」

と思われそうです。

 

しかし、

いつもこのブログをお読みくださっているみなさんは

すでにお気付きのことと思いますが、

これらのテーマについて、

「これが答えですよ」

というものを示し得て学ぶ管理職研修ではありません。

 

「そもそも、そういう視点で考えていること自体が間違いですよ」

という管理職研修です。

 

■これからの自律進化組織時代の管理職に必要なことは、

これらの課題に苦悩し続ける世界から脱却して、

部下職員にやりがいと誇りを与えて底力を発揮させるステージへと、

組織を向上する方法を習得することです。