■職員のモチベーションをアップするためには、

どうすれば良いのか?

 

異業界・異業種の手法ですが、

究極の真髄をご紹介しますので、

 

みなさんご自身の組織において

職員のモチベーション・アップをするとすれば、

この事例を参考に何をすれば良いか、

考えてみてください。

 

■アメリカから進出してきたある生命保険会社では、

営業マンに、最初にさせるのは、

客先への同行訪問だそうです。

 

しかも、保険金を届けにゆく訪問です。

 

この時、営業マンは、

自分自身の仕事の意義、

誇りとやりがいを、

最も強烈な形で、

否応無く理屈抜きで知らされるのです。

 

(なぜそうなるのか?知りたい方は、患者サービス研究所・三好章樹

miyoshi@pcs-c.com

まで、ご一報ください。

メールで解説をお送りします)

 

■自分の仕事の意義や、

やりがいや誇りを

最も強烈な形で、

否応無く理屈抜きで知らされた営業マンは、

「おれは、こういうことをやりたくて働いているのだ」

という働く目的が深く心に刻まれるので、

もはや、ノルマや指示命令は不要となります。

 

この方法には、

モチベーション・アップのための重要なカギがいくつも含まれています。

 

1つには、

「説明でなく体験であること」

であり、これは、みなさんもお気づきになったでしょう。

 

2つめは、

「◯◯との引き合わせであること」

 

3つめは

「この仕事には、お金では買えない◯◯があるということ」

 

■この3つのポイントを満たした

機会を設計することができれば、

みなさんの現場でも、

職員の方々に、強烈な形でモチベーション・アップをもたらすことができるようになるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。