■ある病院の幹部職員と、

自律進化組織づくりの手法について、相談する機会がありました。

 

具体的な方法などについてお伝えしたところ、

その幹部職員の方が後日、

このように伝えてこられたのです。

 

「その前に、現場の課題が何かを整理したい」

と。

 

確かに、眼前の問題が片付かなければ、

組織づくりに進めない気がするのも、ごもっともでしょう。

 

ただし、

だからこそ、1日も早く自律進化組織になることをお勧めしたいと感じたものです。

 

というのも、もし自律進化組織になっていれば、

幹部職員が

「その前に、現場の課題が何かを整理したい」

などと言わなくても済むからです。

 

■なぜなら、もし自律進化組織になっていれば、

各部署から、

「うちには、こんな課題がある」

といった問題提起がいつでも挙がってきているものです。

 

また、自律進化組織であれば、

それらの部署から、

「ついては、このように対処したい」

といった改善提案がつねにいくつも挙がっているものです。

 

したがって、幹部職員が

わざわざ現場に足を運んだり、

「何か問題はないか?」

「なんらかの良い大作はないか?」

と訊く必要もなければ、

 

「こんな課題があるようなので、

なにか良い対策を講じなければ」

と悩む必要もないのです。

 

■自律進化組織となっていれば、

経営者・上層部・幹部職員が、

現場に情報を取りにゆく必要はありません。

 

なぜなら、各部署から、

つねに問題提起・改善提案が挙がっているからです。

 

こんなに活性化した組織なら、

経営者・上層部・幹部職員もスピーディに決裁でき、

フットワークの軽い組織であることは明らかでしょう。

 

日々、話し合い、

日々、決裁され、

日々改善が行われて、

まさに自律進化組織と言えるでしょう。

 

この構造は、各部署の中でも同じです。

 

自律進化組織となっていれば、

その部署の管理職が、

部下職員に情報を取りにゆく必要はありません。

 

なぜなら、部下職員から、

つねに問題提起・改善提案が挙がっているからです。

 

こんなに活性化した部署なら、

管理職もスピーディに決裁でき、

フットワークの軽い部署であることは明らかでしょう。

「職員一丸となっている」

「全員参加」

「ボトムアップ型の組織」

「自走組織」
など、さまざまな表現がありますが、
それは、このように、
日々、現場職員がつねに問題提起・改善提案を挙げている状態となって、初めて言えるのではないでしょうか。
 
幹部職員が
「その前に、現場の課題が何かを整理したい」
と考えているということは、
そのこと自体が、
「現場から問題提起・改善提案が挙がる自律進化組織になっていない」
ことを示していることの証拠でもあるのです。
 
■ぜひ、一日も早く、
みなさんが現場の課題について情報を取りにゆく組織を卒業し、
現場職員から常に問題提起・改善提案が挙がってくる
「自律進化組織」
を実現されることをお勧めします。
 
では、自律進化組織は、
どのようにすれば、実現できるのでしょうか?
 
もちろん、教育や研修ではありません。
 
なぜなら、教えれば教えるほど、
職員は、受け身になり、依存的になるからです。
 
それは、自律進化とは180度間違った方向に導くことに他なりません。
 
患者サービス研究所は、
最短最速で、
自律進化組織を実現する最もシンプルな方法
「HIT-Bit」
を提唱しています。
 

「HIT-Bit」

については、1Dayセミナーを行なっています。

 

本当に効果が永続する組織づくりを実現したい方は、

ぜひご参加ください。

◆ 9月18日(水)13:30〜16:30【福岡】

◆ 9月19日(木)13:30〜16:30【大阪】

◆ 9月28日(土)13:30〜16:30【東京】

お申込みはこちらから

◆参加費:1人当り4,000円

 

■自律進化組織が6ヶ月で生まれる方程式「HIT-Bitプログラム」

については、

ブックレットで概略をお読みいただくことも可能です。

 

A5判、76ページ

1部800円となります。


お求めはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。