■病院の経営者・上層部の方々から、しばしば

「職員が、業務以外に関心を持ってくれない」

「決められたことしかしない」

「廊下に落ちているゴミを拾おうともしない」

といった声をお聞きします。

 

「より良くしよう」

とみずから成長する組織を実現できたらどんなに良いか、

と、考えない経営者・上層部はいないでしょう。

 

では、

「みずから成長する組織をつくる」

には、どうすれば良いでしょうか?

 

■一般には、

「どう教育するか?」

と考えることでしょう。

 

しかし、病院が主催する研修を思い浮かべても、

「研修をしても、成長する職員をつくることはできない」

ということを、日頃から感じていることでしょう。

 

せっかく教育を施しても、

職員は、みずから成長するようになるどころか、

むしろ、ますます受け身になるだけです。

 

企画する側は、

「新しい情報を得れば、

職員は、関心を持つようになり、

自分でさらに学んでみようと思うのではないか」

と、ほのかな期待を抱きますが、

 

大抵の場合は、

講義が終わるや否や

「ハイ、お疲れ様でした」

とばかりに、職員たちは先を争うように足早に退出してゆく、

という光景を見るのではないでしょうか。

 

職員の側からすれば、

頼んでもいない情報を押し付けられているので、

疲弊するだけ、という構図かもしれません。

 

■そもそも、人間には、

「外部からIN-Putしても、まったく消化しない」

という心理構造があります。

 

身体も精神も同じで、

食べたくなければ、どんなに何かを口に押し付けられても

口に入れることもなければ、

噛んで飲み込んで消化することなどない、

ということを考えれば、

ごく自然なことと感じられるでしょう。

 

自分の価値観に従ったことには活き活きと行動しますが、

他者の価値観は、まったく受け付けないのが、

人間の心理構造です。

 

せっかく他者がIN-Putしようとしても、

ひどければ、はじきかえしてしまいます。

 

実際、研修会場に来るなり寝てる人もいるのは、

むしろ人間の心理構造を隠していないだけとも言えます。

 

黙ってイスに腰掛けて、講義を聞いているように見えても、

心の器が口を開けていなければ、

どんな情報を与えても、

その情報は、心の器の中に入っては行きません。

 

ではどうすればよいか?

 

■「職員を成長させるにはIN-Putだ」

という発想を捨てて、

「OUT-Putさせること」

と、180度切り替えることです。

 

というのも、

人間は、OUT-Putすることが前提となった時、

必死にIN-Putしようとするようになり、

必死で心の器が口を開けるようになるからです。

 

たとえば、

セミナーに出るとしても、

「病院に戻って、伝達講習をしなければならない」

と思えば、

目の色を変えて受講するようになります。

 

また、たとえば、

学会で発表しなさいと言われた日から、

職員が、

自分の時間を使ってでも調べ物をするようになる、

という傾向があるでしょう。

 

あるいは、

会議の時にも、

「議事録書いてね」

と言われた途端、必死にメモを取りながら

会議のやりとりを聞くようになるものです。

 

さらには、

好きな人を喜ばせようと思えば、

必死でその人がどうしたら喜ぶか、

アンテナを高くして、情報収集しようとします。

 

また、

やたらと多くの本を読む人がいますが、

一冊の本で学んだことを

実用できたり、習慣化できるのは、

せいぜい1つで、

2つあれば、良い方ではないでしょうか?

 

つまり、

「なんとしても行動や習慣にする」

というOUT-Putが前提となっていない中で、

ただひたすら読んでIN-Putしても、

心の器が口を開けていないので、

結局、心の器の中に入ってゆかず、

まして消化も、身体組成にも役立っていないのです。

 

そうなっている自分に気づかず、

毎週、何冊も読む(IN-Put)くらいなら、

毎週1つ、確実に習慣を身につけてゆく(OUT-Put)方が、

何百倍の価値があることでしょう。

 

■このように、

もし成長させたいならば、

心の器の口を閉ざしているままの職員に

情報をIN-Putしようとして

押し込むのではなく、

 

その逆に、

本人が

みずから心の器の口を開けて多くを飲み込みたくなるように、

「OUT-Putするのが当り前の環境」

を設けることが効果的なのです。

 

「OUT-Putを前提としないならば、IN-Putしない」

が鉄則だと言ってもよいでしょう。

 

■ただし、

一口にOUT-Putといっても、

やり方を間違えると逆効果になってしまいます。

 

たとえば、

TQC活動といって、

一年に一回、発表させる、というような、

「大きな企画を単発で行い、たまにOUT-Putさせる」

のは、

まったく意味がありません。

 

なぜなら、

結局、その1ヶ月前に慌ててやるだけだからです。

 

いっとき体裁を整えて見せるものの、

成長することにはなっていません。

 

これでは、

「原則として成長しない」

「たまに成長する」

職員をつくるだけです。

 

では、どのようなOUT-Putをさせればよいか?

 

その逆に、

「小さな企画を継続して行い、毎日OUT-Putさせる」

ことです。

 

そうやって、

「毎日OUT-Putすることが当り前の環境」

におかれることによって、

おのずと本人は、

そのための情報をIN-Putする必要に迫られるため、

常に心の器の口を開けるようになるので、

 

その結果、

「原則として成長する」

職員をつくることができるのです。

 

■では、どのように、

毎日OUT-Putさせればよいか?

 

そのコミュニケーション・モデルが、

1日5分の

「HIT-Bit」

です。

 

「HIT-Bit」

については、1Dayセミナーを行なっています。

 

本当に効果が永続する組織づくりを実現したい方は、

ぜひご参加ください。

◆ 9月28日(土)13:30〜16:30【東京】

◆ 10月25日(金)13:30〜16:30【東京】

◆ 11月29日(金)13:30〜16:30【東京】

お申込みはこちらから

◆参加費:1人当り4,000円

 

■自律進化組織が6ヶ月で生まれる方程式「HIT-Bitプログラム」

については、

ブックレットで概略をお読みいただくことも可能です。

 

A5判、76ページ

1部800円となります。

お求めはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。