■経営陣・管理職の方々で、

上席者が指示・命令をしなくても

職員がみずから気づき、考え、話し合い、行動する

「自律進化組織」

になってくれたら、と

願わない人はいないでしょう。

 

なぜなら、職員ほどポテンシャルの高い経営資源は他にないからです。

 

みなさんが出勤するなり、

そのデスクにやって来て、

「おはようございます。

先日、患者さんの言葉がどうしても気になって、

自分なりにあちこちに足を運んで調べたり、人に会って教えを乞うてみたところ、

あちらの施設と提携して、

このような資格者を採用すれば、

この地域特有の事情に即した医療サービスが、

うちの病院なら可能だということがわかりました。

ぜひ、やらせてもらえませんか?」

といった提案をしてくれる存在があとすれば、

 

それは、モノでもカネでも情報でもないはずです。

 

そんなことができるのは、

ヒトすなわち職員をおいて他にはないはずです。

 

多くの組織は、

なぜ、

そんな無限の可能性を秘めた職員から、

ポテンシャルを最大限に引き出そうとしないのでしょうか?

 

■また、

日ごろ、

「この部下は何を考えているのだろう?」

と思うような職員も、

話してみれば、意外に、素晴らしい信念や優れた視点を持っていた、

という経験を、

みなさんもお持ちでしょう。

 

職員のポテンシャルを引き出せていないのは、

シンプルに、話を聴いていないから、

に他なりません。

 

というのも、

昭和のトップ・ダウンの発想が染み付いている社会文化のなかでは、

業務連絡や伝達事項といった、

職員へのIN-Putのコミュニケーションはあるものの、

 

職員からのOUT-Putのコミュニケーションは、

ほとんど意識されていないからです。

 

これでは、ボトム・アップが生まれるわけがありません。

 

永年の昭和の文化のせいで、

職員も、

「業務連絡でも伝達事項でもない発言をする」

ということに慣れていません。

 

自己開示をしてこなかったので、

職員間に、そんなことをする関係性もありません。

 

これでは、

いつまで経っても、

職員同士が自己開示し、

みずからOUT-Putすることが当り前になり、

さまざまに問題提起や改善提案を挙げるのが当り前の

「自律進化組織」

になる日は永遠に訪れません。

 

では、どうすれば良いか?

 

それは極めてシンプルです。

 

上席者からのIN-Putを最小限にし、

部下職員からのOUT-Putを最大限にするのです。

 

そのための、最も簡単な方法が

「HIT-Bit」

です。

 

■どうなれば、

自律進化組織と言えるのか?

 

そのゴール像を、より具体的に挙げてみましょう。

 

たとえば、職員から、

「気になる会議には、

オブザーバーでも良いので、

わたしも参加させてもらえませんか?」

という申し出がある。

 

または、職員から、

「どんな部署からも参加自由で、

こんな勉強会をしたいです」

という申し出。

 

あるいは、

「他の病院に勤務する先輩に許可をもらったので、

こんど希望者でその病院に見学に行ってきます」

 

さらには、

「当院では、この課題にみんなで取り組みたいので、

委員会を開設して良いでしょうか?」

という提案が挙がる。

 

■そんなアグレッシブな組織にしたいならば、

必ずみなさんが、

意図的・作為的に発想を切り替えなければならないことがあります。

 

それは、

働き方改革を進めようとするあまり、

「業務を効率化し、

余計なコミュニケーションを排す」

le=”text-align: left;”>という発想です。

 

これを180度切り替えて、

「あえて、余計なコミュニケーションを設ける」

という発想にしなければなりません。

 

なぜなら、

決められたことや与えられたことしか

話さない職場で、

それらを超えた新たなことは、

何一つ始まらないからです。

 

そこで生まれた、

1日5分だけOUT-Putする

コミュニケーション・モデル、

それが

「HIT-Bit」

です。

 

「HIT-Bit」

については、1Dayセミナーを行なっています。

 

本当に効果が永続する組織づくりを実現したい方は、

ぜひご参加ください。

◆ 2019年12月23日(月)13:30〜16:30【東京】

◆ 2020年2月1日(土)13:30〜16:30【東京】

お申込みはこちらから

◆参加費:1人当り4,000円

 

■自律進化組織が6ヶ月で生まれる方程式「HIT-Bitプログラム」

については、

ブックレットで概略をお読みいただくことも可能です。

 

A5判、76ページ

1部800円となります。

お求めはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。