■セミナーでは、いつもお伝えしていることですが、

人や組織を動かすには、

「目的」

の共有から始めなければ、絶対にうまくいきません。

 

しかし、何か新しい取組を始めようという時、

わたしたちには、つい

「来週から、〇〇を、〇〇することにします」

と、その行動について伝えてしまいがちではないでしょうか。

 

それはつまり、

「手段」

の話です。

 

「〇〇を〇〇してもらう」

と手段を端的に伝えてしまうのは、

紛れもなく、

昭和の大量生産の時代に育まれた

「指示命令体質」

の顕著な現れにほかなりません。

 

日本が工業立国だった時代には、

「コミュニケーションといえば上意下達」

でした。

 

また、職員を一堂に集めて、

「〇〇を〇〇しなさい」

と結論だけを伝えたり、

プリントを配ったりすることが、

最も正確かつ迅速で効率的・効果的な伝達だったからです。

 

こうした、

昭和の大量生産の時代が

長く続き、

指示命令体質が、

わたしたちには、自分たちでびっくりするほど

染み付いているのです。

 

そのため、ごく自然に

「〇〇を〇〇してください」

と手段の話をしてしまうのです。

 

■ところが、聞く側に立ってみればどうでしょうか?

 

「〇〇を〇〇しなさい」

と頭ごなしに言われた時、

真っ先に頭に浮かぶのは、

「新しいことは嫌だ。

そもそも、なぜ?」

ということではないでしょうか。

 

つまり、「手段」の話は、

聴く側からすれば、作業が増える話のなにものでもないのです。

当然、拒絶反応を示すことになります。

 

そもそも、

「目的」

がわからないことは、たとえ小さな行動であっても、

苦痛以外のなにものでもないでしょう。

 

もしそれでも押し付けるならば、

それはまさに

「指示命令体質」

そのものであり、

「自律進化体質」

とは対極にある組織文化と言わざるを得ません。

 

というわけで、

もし、みなさんが、人や組織を巻き込みたいならば、

「手段」

の話からするのではなく、

「目的」

の話からすることを大原則にした方が良いでしょう。

 

■そもそも、心理構造から考えればそれは当り前のことで、

目的つまり

「課題がなければ、人は動かない」

ものだということを忘れてはなりません。

 

仮面ライダーのテーマソングも、

「迫る〜、ショッカー〜♩」

から始まる通り、

敵がいたからこそ、

仮面ライダーも毎週全力で戦い続けたのです。

 

もし敵がいなかったら、

仮面ライダーは、

ただの、

「世の中で最も怒らせちゃいけないヒト」

に過ぎなくなってしまいます。

(ご機嫌を損ねないよう、気を遣うなぁ〜)

 

敵がいなければ、戦う必要がありませんから、

メタボリック体型になってしまった仮面ライダーが、

焼き鳥屋さんから自転車で帰るのを

みなさんも栄町商店街でよく見かけていることでしょう。

 

目的がなければ、

人は、前向きな(建設的・生産的・貢献的)行動を

することはなく、

たとえしても続けることはまず無いものなのです。

 

■職場においても、

(命がけではないまでも)

つねに時間と労力を割いて、仕事に取り組むのですから、

考えてみれば、

 

「目的」

なしに指示・命令が下りてくることが、

職員のモチベーションを大いに損ない、

組織の生産性の向上を著しく妨げてしまうのは、

当然といえば当然ではないでしょうか?

 

■では、どのように

「目的」

を共有すれば良いでしょうか?

 

目的を伝えても、人が動いてくれるとは限りません。

 

というより、

目的を伝えたからといって、

人が動くという簡単なことではありません。

 

たとえ動いてくれても、

動いてみてから、思いの外たいへんだと感じて、

「そこまでしてやらなければいけないのですか?」

と文句を言い出して、やめてしまうということも多々あります。

 

言葉に出して反対しないだけで、

蓋を開けてみたら、

ちゃんとやってくれていなかった、というパターンもあるでしょう。

 

そもそも、データを示し詳しく説明しても、

部下の方は、

みなさんほどの問題意識がありませんから、

目的を理解できない部下たちを

「どうしたら良いのか?」

困ることもあるでしょう。

 

そこで、

「どうすれば、しっかりと目的を共有できるか?」

が、最も重要なテーマとなりますが、

この点は、また別の機会に、ここで詳説したいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。