■周囲から、

「この人だから、安心してついて行ける」

「この人といると、自分の可能性が広がる」

「面白い」

「もっと一緒に働きたい」

と言われるのは、

人の「器」と言えるかもしれません。

 

いま、組織もまた、

「この職場だから、安心してついて行ける」

「この職場にいると、自分の可能性が広がる」

「面白い」

「もっとここで働きたい」

と言われる、

「組織の器」を

真剣に探究しなければならない時代になった

といえるかもしれません。

 

人の場合、

  • 実直
  • 厳正に評価される
  • 仕事の鬼
  • 結果の方が大事
  • 身体の心配はしてくれるが心は癒されない
  • 責任感はあるが・・・

……という上司は、

正しいかもしれませんが、

あたたかいとは言えません。

 

組織の場合も、

  • 真面目
  • 細やかな評価制度がある
  • 仕事やノルマに厳しい
  • 結果主義
  • 残業削減・有休消化は推進されるが、風通しが良くない
  • 理念は立派だけれど・・・

……という組織運営では、

正しいかもしれませんが、

あたたかいとは言えないでしょう。

 

■職員から愛され信頼され、

それによって生産性やサービスが向上して、

地域や社会からも選ばれ信頼され

敬意を持たれたり、応援されたりする、

そんな

組織づくりを探求している組織は、

我が国では稀だと言っても過言ではないでしょう。

 

いまなお、

パワハラ・セクハラ・いじめが問題となり、

メンタル疾患や退職を減らすことに苦心しているのは、

まさに、その現れです。

 

■組織経営においては、

生産性向上と組織づくりの両方を行なう、

あるいは、

業務マネジメントと組織マネジメントの両方を

行なうこと、そのものです。

 

■みなさんの現場においては、

組織マネジメントはできているでしょうか?

 

VTR(約18分)で解説しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。