形骸化の典型例「受講の仕方が悪かったので不可」

■先日のニュース。 ===== 早稲田大学商学部のリモート講義について、 学生が複数のリモート講義を …

注意!目にウロコを入れに来るコンサルタント

■みなさんの現場にも、さまざまなコンサルタントや学者が、さまざまなマネジメントの手法を売り込んでくる …

スキルアップから関係性構築へ-大切なものは目に見えない

■こんな文章を、見たことがあるでしょうか? It is only with the heart th …

成果報酬を支払うべき相手はコンサルタントではなく…

■組織開発のコンサルティングをしていると、クライアントの望むゴールは、「組織の活性化」「リーダーのレ …

研修で組織は変わらない – 組織づくりの全体像を知れ!

■「組織を変えるには研修だ」という発想が、まだまだ主流かもしれません。 しかし、「研修の効果が持続し …

生残りのカギは、「リーダーの自治力」

■役員、幹部社員、課長職といったリーダーが組織の要であることは、改めて言うまでもないでしょう。 なぜ …

本質からガラッと変わる!-これからの研修・会議

■研修も会議も、「みんな聞いているのか聞いていないのかわからない」「意見を言わない」「そのため、リー …

「耐性組織」から「痛覚組織」へ

■我が国で、「ボトム・アップ型の組織が良い」「ピラミッド型ではなく文鎮型が良い」「社員を、さんづけで …

旧組織論の負の遺産「プレイング・マネージャー」

■昭和の組織論が生み出した概念に「プレイング・マネージャー」というものがあります。 「マネージャーた …

ボトム・アップ型組織を目指すなら、主語を変えよ

■多くの経営者・管理職が「ボトム・アップが旺盛で、変化に強い柔軟さを持った自走組織にしたい」と願って …

採用・退職に対する古い考え方、新しい考え方

■昭和・平成といったトップ・ダウンを基調としたこれまでの社会文化の中にいては、永遠にボトム・アップを …

日本人に多い「同調圧力依存症」

■社員一人ひとりが、みずから気づき、考え、話し合い、行動する「自律進化組織」になるためには、それぞれ …

教育するのは課題共有ができていない証拠

■一般に、「組織を良くするには社員を教育することだ」と考えられているでしょう。 しかし、本当に「教育 …

「風通しが良い」を科学的に創れ

■多くの企業が、採用の場面では「うちは、なんでも話し合える風通しの良い職場です」と言いますが、 そう …

Special Event から Daily Remind へ

■最近、ますます気になっているのが、「組織を変えよう」とする時、なぜか、効果の乏しい、「一時的なイベ …

「担当者起点型組織」から「テーマ起点型組織」へ!

■「明るく元気で生産性の高い組織にしたい」と考える経営者・管理職は多いでしょう。では、次のうちで、組 …

対話技術やシステムでは「良い関係性」を築けない。

■いま、ビジネスや医療の現場で、さまざまな合理化・簡略化を余儀なくされたものの、それが発展の糸口にな …

「上層部や本部が教育プログラムを作る」の弊害とは?

■経営者・幹部の多くは「今以上にスタッフが成長してくれたら」と日頃から願っていることでしょう。 では …

組織がボトム・アップ型かトップ・ダウン型か診断する方法

■コロナ禍の影響もあり、このところますます、「職員を活性化し、組織のパフォーマンスを向上したい」とい …

研修の効果を最大化するコンサルタントが必ずすること

■スタッフを教育するために研修を企画する企業・病院は少なくないでしょう。実施するからには、効果の大き …