自律進化組織研究所 (改 : 患者サービス研究所)

メンタル不調をゼロにする!組織づくり 1Dayセミナー (オンライン講座)

▶︎ 7月24日(土) 13:30〜16:30
▶︎ 8月21日(土) 13:30〜16:30

・いずれも同内容です。
・エントリーは、このページの最下段のフォームからお願いいたします。

■コロナ禍によって顕在化した「組織のもろさ」

昨今のコロナ禍で、どこの企業や組織においても、
組織の強さ(あるいは弱さ)が浮き彫りになっています。

経営者・管理職の方々からも、
「スタッフの気持ちが見えない」
「スタッフの休職が目立つ」
「管理職が現場をマネジメントできていない」
・・・といった声を、よく聞くようになりました。

一方、スタッフの方も、
こうした局面においてこそ、
「組織が職員に向き合ってくれているか?」
見ているからです。

スタッフ側からも、
「組織が自分を守ってくれる気がしない」
「適正に評価してくれているのか」
「自分が組織の期待に応えられているのかわからない」
・・・といった不信や不満がふくらむばかりと言われています。

コミュニケーションの乏しい今のままでは、
混乱と不信を招き、スタッフがメンタル不調に陥るのも無理ありません。

■「集めて伝える」こそ、もっとも危険な方法

しかし、組織からコミュニケーションをとるとしても、
「スタッフを集めて話せば良い」
「通知を配信すれば良い」
というのは、もっとも危険です。

今のようなコミュニケーションが少ない状況の中で、
「わかりました!頑張ろうじゃありませんか!」
と、スタッフの心が明るくなることはないのです。

では、どうすれば良いか?

もっとも重要なのは、スタッフとの良い関係性づくりです。

■「関係性設計」が、話し合いの成否を分ける

実は、
さまざまな話し合いは、対面する前に決着がついていることが多いものです。

メンタル不調の兆しが見えた時には、
すでにスタッフが心を病んでいることが多いからです。

そのためには、そうなる前に、
スタッフの存在やその働きについて意味づけをしていることが必要です。

そのためにはスタッフとの良い関係性を築くことが不可欠であり、
そのポイントは以下の通りです。

  1. 伝える側と聞く側の、真剣さのバランス
  2. 真剣さの表現…運動量、情報量、スピード、工夫
  3. 敬意

その他にもポイントはあります。

関係性は目に見えないので、意識しない人が多いのですが、
実は、この
関係性を事前に築いておけるかどうか」
が、成否を分けることになるのです。

スクールで、コーチングやファシリテーションを学んでも、現場でうまく活かされないのは、
スクールでは「コミュニケーションを学ぼう」という人たちの
良い関係があるからうまくできるだけで、
勤務先の現場では、その関係性がないから、
そもそも、
コーチングやファシリテーションの立ち位置での対話が始まらないからなのです。

むしろ、良い関係性があれば、
コーチングやファシリテーションは、さほど必要ないとも言えます。

■いますぐメンタル不調をゼロにする方法とは?

スタッフが安心して働けるようにするには、
組織上層部、同僚同士が、
「スタッフとの良い関係性を築く」
ことになりますが、

では、どうすれば良い関係性を築けるのか?

そのカギは
「価値観を解放させる」
この一点に尽きます。

みなさんも、
自分の価値観をなんでも話せる環境であれば
可能性が広がることを感じ、心が明るくなることでしょう。

その逆に、
自分の価値観を話せない環境では、
自分の可能性がことごとく奪われ、心が暗くなるでしょう。

このセミナーでは、
「価値観を解放する方法」
から、
「その仕組みを組織に実装する方法」
「その効果が永続する方法」
を明らかにします。

いますぐ、組織を強固にし、
しかもこの状況を、
スタッフ全員の総力を駆使して乗り切られることをお勧めします。

■メンタル不調をゼロにする!組織づくり1Dayセミナーの内容
(オンライン講座)

■日時
 7月24日(土) 13:30〜16:30
 8月21日(土) 13:30〜16:30
■定員 8名
■参加費 4,000円

■特典 個別相談
 後日、電話などで個別相談にお答えします。
 各現場でお困りのことなどについて、後方支援いたします!
 一緒に、現場を明るく元気な職場へと変えてゆきましょう。
■参加にあたってのお願い
 ▶︎インターネット環境が必要です。

■以下の項目に入力してください。


    7/24(日) 13:30〜15:308/21(土) 13:30〜15:30