「形骸化」を確実に防ぐ!最もシンプルな方法

■ビジネスや医療の現場で、「これ意味ある?」という会議が毎月行なわれている、ということが多々あります …

役職者とではなく、野心家とだけ相談する組織になれ

■組織を良くするために、会議で新しい提案をすると、ネガティブな意見が挙がって、通らない、ということが …

人事評価や目標管理の導入を現場が歓迎するようになる方法

■ある病院では、人事評価制度を導入することにしたところ、現場や労働組合からの反発があり、退職する職員 …

成果が上がった時、管理職がすべき最も重要なこと

■自律進化組織の管理職と、指示命令体質の管理職とでは、現場で、思いがけない良い事例が生まれた時に、決 …

最大のモチベーションは「やる・やらない」の選択の中に!

■スタッフのモチベーションが上がることを願わない経営者・管理職はないでしょう。 では、スタッフがある …

マネジメントなくして、進化が持続することはない

■これまで、院長・事務長・看護部長が、ほとんど組織づくりに着手してこれなかった病院でしたが、このたび …

常識を疑え!「原則と例外」を見誤れば事態は好転しない

■組織づくりの要はリーダーのチームづくりにほかなりません。しかし、リーダーに状況を聞くと、さまざまな …

一人ひとりに向き合うことで、初めて組織が動く時代

■良かれと思ってせっかく、毎月の定例会議で提案しても、通らないということが多々あります。 「会議には …

注意!自分の現場の答えを外部の人間から教わるな

■経営者の多くは、「スタッフにも、経営的な発想で考える視点を持ってもらいたい」と考えていることでしょ …

不要!そのフォロワー・シップ、そのリーダー・シップ

■部下職員が思うように動かない時、どうすればよいでしょうか? 部下職員たちにフォロワー・シップを教え …

「スタッフがどれだけ想像を超えてくれるか」を評価せよ!

■「職員のモチベーションを高め、革新を起こせるのびのびとした組織にしたい」と考えることがあるでしょう …

身体を診るなら身体構造を、心を見るなら心理構造を知れ

■「心はわかりにくい」と言われます。 しかし、人が集まって組織として前進する以上、そう言ってもいられ …

明らかなコミュニケーション不足が解消されない原因

■誰もが「コミュニケーションが足りない」と感じていて、上層部からも「コミュニケーションを密に」と呼び …

「ヒヤリハットは多い方が良い?少ない方が良い?」の間違い

■「ヒヤリハットを挙げましょう」という病院は多いですが、いったい、どれくらい上がっていれば充分なので …

職員同士が互いに「良い関係性」を創る本質的な方程式

■単純接触効果という言葉があります。 が、良い組織をつくる上では、単純接触機会を増やすだけでなく、さ …

最高の経営資源「人」を最大限に活かしている現場の特徴

■多様化・複雑化、変化加速化といった、激変の時代を生き抜くためには、トップ・ダウンでは限界があり、「 …

説得しない!強要しない!それでも職員を巻き込む方法

■自律進化組織になるということは、職員一人ひとりが、みずから気づき、考え、話し合い、行動することが文 …

従来型管理職が通用しない!新時代に何を学ぶべきか?

■世の中には、さまざまな管理職向けのリーダーシップ研修があります。 リーダーシップとは、部下のパフォ …

ゴールは、明確で進捗度を測定できなければ意味がない

■全員が一枚岩になって、同じ方向に向かって力を発揮する組織を実現するためには、「トップがゴールを明確 …